12月(冬)の兼題

P3211066P3211063

12月の兼題は「聖樹」と「千鳥」です。

12月は歳時記のなかの季節では冬です。一年の最後を締めくくる月です。他に「極月」「師走」「年末」「年の暮れ」「年の果て」などと言います。

商店街ではクリスマスムードがたかまり可愛いツリーやサンタクロースに街路樹のイルミネーションが美しいお伽話のような季節です。

「聖樹(せいじゅ)」
12月25日のクリスマスに飾るクリスマスツリーのこと、この日教会では聖樹を飾り讃美歌を歌いキリストの誕生を祝う。聖誕祭、聖夜、聖菓。

「千鳥(ちどり)」
多く河原などに群生する冬の鳥のこと。数多く群れをなして飛ぶからか鳴き声からかその名がある。嘴が短くその先端にふくらみがあり趾(あしゆび)が三本だけで後趾を欠く。磯千鳥、浜千鳥、小夜千鳥。

例句

聖樹の灯心斎橋の灯の中に        石原八束

さざ波にさざれ石あり浜千鳥      松本たかし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です