青葉抄H24年

青葉抄  平成二十四年

悪しき年明けて新な幸となれ
門松の並び目出度し目出度しや                         
大地より若菜生え出す力あり

北限の灯台低く冬岬
海峡の波に浚われ初千鳥                             
万両の赤き実たわわ垣の内

跡形も無く幻か氷解け
春めくを知らす禽声空へ空へ                        
ふらここに今年幾つの子の声か

地の目覚め草も花も風も空も
スキップで帰りたくなる春うらら                              
囀りの朝を日記に書きとどめ

草木生え雨音弾む夏隣
白菖蒲川面に枝垂れ水にぬれ                              
聖五月水仕の後のカフェオーレ

奥社へと古道の続く水芭蕉
戸隠の森の産声水芭蕉                             
水芭蕉森の小道に肩を寄せ

あらたなる朝晴れやかに風光る
浮草の風もそぞろに水の際                             
紫陽花の昨日の姿はや忘れ

暗雲の白雨を連れて走り去る
雨模様それて列島猛暑来る                             
さくらんぼグラスに落とす午後三時

とめどなく雲は流れて秋彼岸
夕風にふかれ天空月を待つ                             
込みあげるひとこと探し彼岸花

小鳥来てセピアに染まるなだら坂
爽やかな朝の青空空気色                              
夕時雨買物籠と急ぎ足

露草と風のお散歩ランデブー
踏まれずに枯葉老樹に梢なす                             
セーターをザックリ被り厨事

2016年12月24日 | カテゴリー :