青葉抄H23年

青葉抄  平成二十三年

初ひともじの束解かれて夕厨
初雀采は投げられ歳巡る                              
鏡餅少しひび割れ棚の上

大寒の朝二杯目のカフェ苦し
梅待つを別れを惜しむ涙かと 
万物の目覚め早春の風となる

朝の雨雪の名残りを惜しみつつ
俎板の音に鼻歌春の歌
雛祭あられに見立て金平糖

大津波傷跡消えず北の春
逝く命あまりに多く春津波 
切々と大地へ花の涙散る

つまずけば野苺の花てのひらに
バスに乗る少女追越し若葉風
たどりつく駅さへ見えず花吹雪

コンドルの海へ飛び去り夏の雨
木立よりみなみの鳴らす風の笛
山椒の青き実を付け夏に入る

なせばなるなさねばならず茄子の花
紫陽花のまだ色も無く俄雨
ひところの影を水面へ羊草

初蝉の陽を照り返す石畳
蔓の描く風のささやき瓜の花
いかづちの鳴くを遠のけ大地踏む

白粉の花の夕べに星の影
一面を柵に囲まれ草の秋
夕月夜町の暮らしの片隅に

満天の銀河の機軸一点に
吹き荒ぶ風に尾花の袖なびく 
暁は夕べに近く赤蜻蛉

キッチンに甘く林檎の熟すまで
小鳥来てベゴニアの花に隠れて 
枯葉落ちまたたくは宵の明星

終りゆく年の瀬忙し厨事
枯野よりひゅうるひゅるると風囃子
チャペルへと橇の降り立つジングルベル

 

2016年12月24日 | カテゴリー :