青葉抄より

青葉抄2014年1~6月

リスマス明日へ見果てぬ夢探す

柚子湯して指で数える余す夜

鱈鍋の肉の締まれば北訛り

初春に濁世(じょくせ)を清め空晴れる

屠蘇袋静かに開けて邪気除ける

身を正し朝陽を迎え淑気満つ

早蕨(さわらび)の伸びて沢風におはよう

白梅の莟の声を日々記す

淡雪に消されてもこの道を歩く

雛あられ軽やかに微風を呼ぶ

さくら咲く生まれ変われたら何になる

朝晴れて記憶の欠片雪解ける

カレンダー捲り八十八夜来る

紋白蝶せせらぎの音を陽と過り

頬白の影と光りを葉から葉へ

箱根路を登る新緑一号線

冷茶飲む古茶か新茶か二の次に

幼子の声軽やかに町みどり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です