俳句講座:夏の雲

DSCN0839-1

夏の雲には「10種雲形」という分け方があります。この辺から専門的なお話ですが、世界気象機関が定めているらしく、雲は出来る高さと形で10種類に分かれています。

1「巻雲(けんうん)(すじ)(ぐも)のこと。

2「巻積雲(けんせきうん)(うろこ)(ぐも)のこと。

3「(けん)層雲(そううん)薄雲(うすくも)のこと。

4「高積雲(こうせきうん)(ひつじ)(ぐも)のこと。

5「高層雲(こうそううん)(おぼろ)(ぐも)のこと。

6「乱層雲(らんそううん)雪雲(ゆきぐも)のこと。

7「積雲(せきうん)綿雲(わたぐも)のこと。

8「(そう)積雲(せきうん)」曇り雲のこと。

9「層雲(そううん)(きり)(ぐも)のこと。

10「積乱雲」入道雲のこと。

となっています。

俳句の季語では、今は夏なので、この中で夏の雲は「積乱雲」の入道雲です。積乱雲が高低の幅も広く、色々な形に見えるよう。夏にもくもくと沸き上がるような雲はほとんど積乱雲です。日本海側では、冬にも多く豪雪を降らせる雲のようです。