おしゃべりレッスンNo1

上野貴子が日本カルチャー協会銀座校で使用していたテキスト「おしゃべり俳句レッスン」~おしゃべり俳句の十ヶ条~をコンパクトにまとめてご紹介。作句のノウハウが身に付きます。

第一条

俳句の凝縮性

1俳句は数秒間のドラマである

  • 575の十七文字の短い世界。
  • 数秒間にして読めてしまう。
  • 物語性のある韻文である。

2隠されたドラマをいかに表現するか

  • 言葉に凝縮された広がりのあるもの。
  • どんな言葉で十七文字に表現するか難しい。
  • 韻文である響きや調子が言葉の意味をさらに深める。 

3凝縮された物語をいかにして読むか

  • 句会や句座を通して読み手の反応がその場で返って来る。
  • その句がどう集約されたことばに凝縮されているのか理解することが大切。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です