「馬酔木」季語:春

DSCN2439-1

「馬酔木」季語:春
本州、四国、九州などの山地の乾いた土地に好んで自生する。早春に白い壺状の花を咲かせ、房のように垂れる。有毒植物の一種で、牛馬が食するとしびれて酔ったようになることからこの名がある。馬酔木の花、あせび、花馬酔木。

 

小雨降る木戸の内なる花馬酔木・・・・上野貴子

自転車を引く男坂花馬酔木・・・・上野貴子

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です