「小豆粥」季語:新年

1月15日は小正月です。この日は小豆粥を食べる風習があります。また、この日は「どんど焼き」の行事もあります。

DSCN1807-1

DSCN1810-1DSCN1808-1

小正月には小豆粥を食べますね。これは昔の人が邪気を払うために行っていた風習です。小豆をお米に混ぜて炊きそこにお餅を入れます。また、炊き上がり方でその年の豊凶を占ったとも言われています。このため、粥占(かゆうら)とも言われていたようです。また、桜粥と言われて冬至や引っ越しなどにも炊いたようです。小豆はお目出度い食べ物だったんですね。今でもお赤飯を炊きますから、きっと昔の人はお粥を炊いたのですね。

小豆粥餅がとろけて粘り良し・・・・上野貴子

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です