「おしゃべりHAIKUの会」’21松陰神社吟行会

「おしゃべりHAIKUの会」2021松陰神社吟行会

2021年4月25日第四日曜日、何と日本では3度目の緊急事態宣言が発令されるという異例な状態の中で、予定通り吟行会が開催されました。

今回は昨年お花見会が中止と言う無念を繰り返さないために、ウイズコロナ時代にあった予定で、世田谷界隈の近場の散策と言う吟行会となりました。

参加予定の人数はやはり約半分となり、少し寂しいコロナ禍吟行会でした。

それでも松陰神社への参拝は可能で、ボーイスカウトの子供達の声がして心の救いでした。

これも吉田松陰という歴史に残る偉人の功績の素晴らしさのお陰ですね。

世田谷の松陰神社には松下村塾を再現した建物があります。お姿を模倣したブロンズ像もあり、若者への教育に情熱を捧げたお姿が思い浮かびます。明治維新を成し遂げた高杉晋作や伊藤博文らを輩出した素晴らしい塾だったのですね。

コロナ禍という緊急事態に、心を打たれるほどの緑の美しい一日でした。

俳句相撲の対戦も経験出来て良かったです。この日のお題は「若緑」まさにぴったりな良いお天気に恵まれました。

2021年4月25日松陰神社俳句相撲トーナメント戦「若緑」

佐和子 × みよ子 勝ち句  若緑絶えぬ烈士のこころざし  佐和子

みゆき × 貴子  勝ち句  若緑鳥居をくぐる老夫婦    みゆき

佐和子 × みゆき 勝ち句  若緑絶えぬ烈士のこころざし  佐和子 

みよ子 × 貴子  勝句   未来へと像の眼ざし若緑    貴子

みゆき × みよ子 勝ち句  若緑松陰の墓とりかこみ    みよ子

佐和子 × 貴子  勝ち句  若緑絶えぬ烈士のこころざし  佐和子

優勝句 3点  若緑絶えぬ烈士のこころざし  山本佐和子

緑の美しい境内の奥に吉田松陰先生のお墓があり神聖な気持ちで拝むことが出来ました。俳句相撲は今回若手の山本佐和子さんが断トツで優勝です。おめでとうございます。

(2021年4月26日)

毎日の挨拶言葉

毎日の生活の中で普段使っている挨拶の言葉

「おはよう」   朝の挨拶の言葉。相手がその場に早く来ている時の挨拶の言葉。

「こんにちは」  昼間の訪問または対面の時に言う挨拶の言葉。

「こんばんは」  夜間の訪問または対面の時に言う挨拶の言葉。

「さようなら」  元来「左様なら」と書き、「それならば」の意の別れの挨拶。「さよなら」

「おやすみ」   「休む」の丁寧な命令形で、就寝の際の挨拶の言葉。「おやすみなさい」

当たり前に毎日使っている挨拶の言葉。それぞれ意味がありますね。知ってるつもりでいますが、実は知らない言葉の意味や語源って案外面白いです。

正しく理解して、上手く使いましょう。時代の変化などが解る場合もあって、時代と共の変化してゆく言葉の移り変わりが解るとより勉強になります。

 

2020春からの新刊掲載紹介!

2020年は早春の頃から大変な年となりました。

新型コロナウイルスの感染拡大との戦がこんなにも長丁場となるとはだれが想像出来たでしょうか。パンデミックの終息が待たれます。

そんな中で春から今年は新刊への掲載が続いています。

新春号に続き「百花」No2が文芸書房より出版されました。これは文芸誌のアンソロジーです。

そして、角川「俳句」月刊誌の4月号には7句新作が掲載と相次ぐ新作の掲載にとても喜んでおります。

★詳細はこちら
https://shortpoemcollection.jimdofree.com/インフォメーション/トピックス/2020新刊情報/

文芸誌「百花」創刊新春号

百花 創刊新春号
Amazon.co.jpより
詳細はこちら: https://www.amazon.co.jp/dp/B083LW1923/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_ARKkEbTC4XZZY

やっと出ました!
文芸誌「百花」文藝書房より
Amazonをはじめ、楽天や三省堂書店からも買えます。
文芸誌とあって詩歌のみに留まらない幅広いアンソロジーです。
「曇りのち晴れ」や「おしゃべりケーキ物語」などでお世話になった文藝書房さんからの
アンソロジーです。
私は勿論俳句で載ってま~す!

おしゃべりHAIKUのお店ブログ再開

2016年12月24日クリスマスイブにShopブログを再開致しました。

俳句グッズを中心に、講座や俳句会への入会の御案内も出来ます。

お時間がありましたら見に来て下さ~~い。

 
ブログはこちらのShopよりBlogボタンをクリック
http://oshaberi-haiku.shop-pro.jp/