筍の成長は早い?!?

おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
    ・
    ・
今週は「竹箏生・たけのこしょうず」
七十二候ではそう言われている季節です。
暦は現代のカレンダーと違い
ややこしくて難しいですね。

    ・
    ・
それでも日本人の心の原風景や
昔からの和文化のなかに
脈々と受け継がれています。
この時期の竹子は「竹」の「箏」で
楽器の箏とかけていますね。
最近では箏は「琴」
と書く事が多いようですが
どちらも同じ竹で出来た楽器のことです。
    ・
    ・
竹の子は「筍」とも書きます。
俳句では「たかんな」とも呼ばれ
夏の季語です。
竹に旬と書きますが
これは、筍の成長が早く
すぐに食べ頃が過ぎて
ドンドン伸びて成長してしまうので
竹の子の美味しい食べ頃の旬は
あっという間だというところから
来ている漢字のようです。
    ・
    ・
五月の頃の筍は真竹が多く
新緑の中でどんどん伸びる
元気な「たかんな」は人々の心を
励まし癒してくれますね。
    ・
    ・
コロナ禍の長丁場は
まだまだ続きますが
こんな時には筍ご飯でも食べて
元気を出しましょう。
    ・
    ・
いつかはきっとコロナ禍だって
終焉終息がきます!!!
それまでの辛抱ですね。
    ・
    ・
★俳句講師養成講座
https://nbsgacademy.jimdofree.com/
 
★「おしゃべりHAIKUの会」句会情報
https://nbsacademy.jimdofree.com/%E5%8F%A5%E4%BC%9A%E6%83%85%E5%A0%B1/
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ワクワクドキドキのライブ配信の楽しさはこちらの「俳句TV」再放送からご覧ください。
★俳句TV「エンジョイ俳句ライフ」
https://www.facebook.com/haikutv/
新型コロナウイルスについての情報
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.ht