春なのに虹が見える頃!?!

おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
    ・
    ・
今週はもうすぐ「虹始見」にじはじめてあらわる
七十二候ではそう言われています。
俳句では、「虹」夏の季語です。
七十二候は中国から伝わった
昔からの暦の一つとされていますが
どうもこの時期には
多少のお国柄の違いがあるようですね。

    ・
    ・
虹は晴れているのに
小雨が降るような
不安定な季節になると
空の彼方に初めて表れ出します。
「春の虹」や「初虹」
俳句ではこう言われていて
日本だとこの時期の虹は
まだ薄くすぐに消えやすいとされています。
    ・
    ・
昔、日本では、「虹」は
大変不思議な現象だと言われていました。
虹の神話などと言われて
「虹」は天と地を結ぶ道とされ
虹の橋が地面に接する所を掘ると
そこから宝物が出ると言われていました。
ところが、虹の橋の袂は
どこだかはっきりとは見えないものですね。
このような神話は各地に伝わっていますが
虹は空中にかかったものですから
その袂へは行きつくことは出来ないのです。
だからこそ「虹の神話」なのでしょう。
    ・
    ・
日本では七色の虹と言われて
虹には7つの色がありますね。
ところが、外国では
五色だったり日本でも江戸時代には
三色だったりしていた記録があるようです。
空にかかる不思議な虹の架け橋は
その時々、いろいろな色に見えたのですね。
    ・
    ・
また、虹とは本当は二重にかかるものだ
という説もあります。
そんな二本の虹は「主虹」と「副虹」と言われて
内側が「主虹」で赤い色が外側にあり
外側が「副虹」で赤い色が内側にある
といいます。
気象学的にはこのように
虹の色の順番が決まっているようです。
    ・
    ・
珍しいところでは「白虹」という
光りの加減で色が無く白く見える
虹もあります。
この場合の虹は水滴が小さい!
水滴が大きいほど色が鮮やか!
なのだそうです。
俳句では「二重虹」という季語はありますが
「白虹」という季語はないですね。
やはり日本では珍しいのでしょう。
    ・
    ・
「朝虹」「夕虹」「二重虹・ふたえにじ」などが
俳句では夏の季語とされていて
「虹」の良く見る現象です。
春に早々と見え始める「虹」を
俳句では特に「初虹」や「春の虹」として
ちゃんと季語となっていますから
七十二候の暦からも解るように
決してまだ虹には早い気候ではないのですね。
    ・
    ・
虹を見ると夕立の後の
まるで町中が洗われたような
清々しい景色を想い浮かべますね。
空が広く澄んだ空気が
虹を呼んでくるのでしょう。
コロナ禍の今年も
もうすぐどこかで初虹が
きっと見られることでしょう。
都会でも見れるかもしれませんね。
    ・
    ・
★俳句講師養成講座
https://nbsgacademy.jimdofree.com/
★「おしゃべりHAIKUの会」句会情報
https://nbsacademy.jimdofree.com/%E5%8F%A5%E4%BC%9A%E6%83%85%E5%A0%B1/
★セミナーのお申込み
https://eplanning.net-ch.jp/archives/2020/07/1792.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ワクワクドキドキのライブ配信の楽しさはこちらの「俳句TV」再放送からご覧ください。
★俳句TV「エンジョイ俳句ライフ」
https://www.facebook.com/haikutv/
新型コロナウイルスについての情報
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html