山が焼けると春が来る?!?

【山が焼けると春が来る?!?】
 
おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
    ・
    ・
緊急事態宣言発令延長中!
今日は2月22日です。
コロナ禍の早春ですが
こんなご時世に伊豆では
恒例の「山焼き」が行われたようです。
勿論、観光客は自粛です。
静岡県伊東市の大室山では
700年以上前から続いているとか!!!
ビックリですね。

    ・
    ・
今年はコロナ禍ですが
中止にはならず
大室山が全体的に黒く焼かれ
約30分くらいでみるみる
焼かれたようです。
新芽が出ることを促したり
害虫を除去するための
昔からの人間の知恵ですね。
    ・
    ・
俳句では、勿論、春の季語です。
「山焼く」「山焼き」「焼山」などと言います。
同じような言葉に
「末黒野(すぐろの)」という
春の季語がありますが
こちらは山では無くて
野原の野焼きをいいます。
    ・
    ・
俳句では特に
冬は「焚火」
春は「山焼き」「野焼き」
夏は「花火」
秋の「灯火親しむ」
などと「火」にまつわる季語は
沢山ありますね。
    ・
    ・
けれども都会に生活していると
コロナ禍ではなくても
なかなかこれらの季語に
実際に出会う機会は少ないです。
    ・
    ・
何から何まで電気が
人々の生活を支える資源ですから
なんでも電気です。
さすがに日本では田舎でも
ガス燈は見かけなくなりましたが
都会では焚火も出来ません。
    ・
    ・
その代りなのでしょう。
若者にはバーベキューが人気です。
それでもやはり火災には
充分注意しなければ危ないです!
これからコロナ禍のあとは
いったいどんな生活様式の時代が
やってくるのでしょうか?
はやくコロナ禍から脱却して
春の恵みを感じたいものです!!!
    ・
    ・
★俳句講師養成講座
https://nbsgacademy.jimdofree.com/
★「おしゃべりHAIKUの会」句会情報
https://nbsacademy.jimdofree.com/%E5%8F%A5%E4%BC%9A%E6%83%85%E5%A0%B1/
★セミナーのお申込み
https://eplanning.net-ch.jp/archives/2020/07/1792.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ワクワクドキドキのライブ配信の楽しさはこちらの「俳句TV」再放送からご覧ください。
★俳句TV「エンジョイ俳句ライフ」
https://www.facebook.com/haikutv/
新型コロナウイルスについての情報
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html