山の四季

山には春夏秋冬の季節ごとに
その季節を代表するような季語があります。

春は「山笑う」
夏は「山滴る」
秋は「山粧」
冬は「山眠る」

このように俳句の季語では言われています。
この四季の山の表現は、その昔中国の北宋の山水画家の郭煕(かくき)の
「山水訓」に書かれている所から来ていると言われています。

山はどっしりと構えて動くことがありませんが、その表情は季節ごとに見事に変化します。その様子を山水画の視点から見事に集約した言葉で表しています。

これまで夏山はみどりが燃えるように考えていましたが、滴るとはこの
「山水訓」に出会うまでは知らずにいました。とても勉強になります。