新酒に古酒!?!

【新酒に古酒!?!】
 
おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
    ・
    ・
秋も深まりましたね。
そろそろ十三夜がきます。
この頃にはもう新米が出て
何かと収穫の秋となります。

    ・
    ・
新米の次は新酒ですね。
お酒はすぐには出来ないもので
時間をかけて作りますから
今年のお酒とはいえ
昨年からのお米を丁寧に
お酒に仕上げて市場で売り出します。
それでも昔から
まずは今年のお米で出来立ての
お酒が飲みたいと思うのが人情で
そこで、昔から濁酒という
白く濁ったお酒が飲まれていました。
    ・
    ・
新米でつくり
濾過しただけで
白いどろどろの濁ったお酒を
俳句だけでなく昔から
「濁酒(どぶろく)」と呼んでいたのです。
「もろみ酒」とも呼んでいたようです。
    ・
    ・
収穫の時期には
何でも新しい物と古い物が
入れ替わります。
お茶にも新茶と古茶があるように
お酒にも新酒と古酒があります。
    ・
    ・
俳句では、今年新たにとれたものを
「新」とつけて呼んで
その時から以前のものを
「古」とつけて呼んでいます。
ですから、今年の新酒が出るとそれまでのお酒が
古酒となるんですね。
これは品種とは関係ない呼び名です。
ワインなどはよくビンテージ物と言いますが
日本酒は夏を越すとやや酸味が増すと言われていて
新酒がやはりさっぱり飲みやすいようです。
    ・
    ・
何でも美味しい
食欲の秋には
お酒も新酒を頂きたいものです。
    ・
    ・
★俳句検定問題集2020年版
https://www.amazon.co.jp/dp/B08C475V86/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_moNpFbGX5396T
★俳句講師養成講座
https://nbsgacademy.jimdofree.com/
★俳句検定
https://haikukentei.uenotakako.com/
 ★セミナーのお申込み
https://eplanning.net-ch.jp/archives/2020/07/1792.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ワクワクドキドキのライブ配信の楽しさはこちらの「俳句TV」再放送からご覧ください。
★俳句TV「エンジョイ俳句ライフ」
https://www.facebook.com/haikutv/
新型コロナウイルスについての情報
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html