七夕

P7040111

7月と言えば七夕です。七夕祭りは地方によってさまざまですよね。7月7日に行う地方と8月7日に行う地方と、これは、陰暦と陽暦の違いのようです。陽暦では7月7日ですが、それが陰暦のままだと8月になる訳です。それで、俳句では、七夕は夏よりも秋の季語として陰暦のお祭りに合わせています。けれども7月7日の七夕祭りは、商店街や子供たちの間では、かなり多いようですね。季語をご紹介しましょう。七夕祭、星祭、星合、星迎、星今宵、七夕竹、七夕流し、願ひの糸、など。。。笹竹に詩や歌で願い事を書いた短冊形の色紙を吊し軒先や窓辺に立てて文字や裁縫の上達を祈るお祭りです。今でも陽暦陰暦問わず各地で盛んですね。

2014年7月1日 | カテゴリー : 俳句 | 投稿者 : takako