「12ヶ月の句盃」販売中!

渋谷東急プラザ3Fエスカレータ前111コーナーにて
新ブランド「鶇庵」から12ヶ月の句盃の販売が始まりました!
6月1日~23日まで
コロナ禍ではありますが俳句の言葉がモチーフとなり新たなデザインで形のあるモノとなりました。

俳句の新たな世界が目に見えて素敵な絵柄となり暖かな磁器の小盃の形をかりで表現されています。
日本文化に親しみやすい小盃として大切な一品になっています。

是非、お越し頂き実際に磁器の焼き物として、その質感をお楽しみ下さい。

2021年6月16日 | カテゴリー : 俳句 | タグ : | 投稿者 : takako

KG俳句サークルオンライン句会からのご案内

おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
    ・
    ・
五月も今日で終わりですね。
こんな日を俳句では
「五月尽」といいます。
毎月、その月の最後の日をいいますが
最近ではなかなか使いませんね。
挨拶文などに使うとウンチクがある感じで
尊敬されるものです。

続きを読む

2021年5月30日 | カテゴリー : 俳句 | 投稿者 : uenotakako

「おしゃべりHAIKUの会」’21松陰神社吟行会

「おしゃべりHAIKUの会」2021松陰神社吟行会

2021年4月25日第四日曜日、何と日本では3度目の緊急事態宣言が発令されるという異例な状態の中で、予定通り吟行会が開催されました。

今回は昨年お花見会が中止と言う無念を繰り返さないために、ウイズコロナ時代にあった予定で、世田谷界隈の近場の散策と言う吟行会となりました。

参加予定の人数はやはり約半分となり、少し寂しいコロナ禍吟行会でした。

それでも松陰神社への参拝は可能で、ボーイスカウトの子供達の声がして心の救いでした。

これも吉田松陰という歴史に残る偉人の功績の素晴らしさのお陰ですね。

世田谷の松陰神社には松下村塾を再現した建物があります。お姿を模倣したブロンズ像もあり、若者への教育に情熱を捧げたお姿が思い浮かびます。明治維新を成し遂げた高杉晋作や伊藤博文らを輩出した素晴らしい塾だったのですね。

コロナ禍という緊急事態に、心を打たれるほどの緑の美しい一日でした。

俳句相撲の対戦も経験出来て良かったです。この日のお題は「若緑」まさにぴったりな良いお天気に恵まれました。

2021年4月25日松陰神社俳句相撲トーナメント戦「若緑」

佐和子 × みよ子 勝ち句  若緑絶えぬ烈士のこころざし  佐和子

みゆき × 貴子  勝ち句  若緑鳥居をくぐる老夫婦    みゆき

佐和子 × みゆき 勝ち句  若緑絶えぬ烈士のこころざし  佐和子 

みよ子 × 貴子  勝句   未来へと像の眼ざし若緑    貴子

みゆき × みよ子 勝ち句  若緑松陰の墓とりかこみ    みよ子

佐和子 × 貴子  勝ち句  若緑絶えぬ烈士のこころざし  佐和子

優勝句 3点  若緑絶えぬ烈士のこころざし  山本佐和子

緑の美しい境内の奥に吉田松陰先生のお墓があり神聖な気持ちで拝むことが出来ました。俳句相撲は今回若手の山本佐和子さんが断トツで優勝です。おめでとうございます。

(2021年4月26日)

雨が天の恵みとなる季節ですね?!?

おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
    ・
    ・
今年は明日が「穀雨・こくう」です。
二十四節気ではそう言われています。
俳句では春の季語です。
「春の雨が田畑の植物を潤すころ」
という意味なんですね。

続きを読む