会の概要

こだわり「楽しい俳句作り」

おしゃべりHAIKUの会では、現代人の暮らしにもとずく自然な俳句を目指しています。日本の美しい風土が生みだした575の俳句を、日常の生活に取り入れながら、クリエイティブで楽しく素晴らしい俳句の世界を皆様にお届けするとともに伝承してゆきたいと考えております。


こだわり「おしゃべり感覚で俳句を・・・」

おしゃべりHAIKUの会では、現代人の毎日の暮らしのなかにある言葉を自由に、そして、自然に俳句に詠んでいきたいと考え、おしゃべりするような感覚で、一言一言の言葉の調べをクリエイティブな俳句に詠んでゆく作品づくりを目指しています。従来からの慣習に捕らわれること無く、伸び伸びと自由な発想での作句を心掛けております。


★おしゃべりHAIKUの会では会員メンバーを随時募集致しております。
 お申込みお問合せはこちらから⇒東京レッスン.com





ネット講座
講座紹介ムービー★http://youtu.be/JELk6VM_Nak

ナレッジサーブのアプリケーションにより開設しております「おしゃべりHAIKU講座」とは、10日ごとにメールにより配信されて来るテキストをもとに100日ステップのカリィキュラムを組み、初心者の方でも6ヶ月で必ず俳句がマスター出来る俳句講座です。


俳句記念日 記録ムービー★http://youtu.be/leeaK9VUpoI?list=UUxvCKp1aE7_pAWNsjr_czQQ

2014年8月19日より、8月19日を俳句(819)に因んで俳句記念日と制定し俳句を提唱致しております。この俳句記念日は、日本記念日協会の認定により定められております。

2015年より8月19日に8・19俳句記念日FaceBook俳句大会が開催され、以後毎年8月19日に俳句記念日イベントとして開催してゆく運びとなりました。

俳句検定 ★http://haikukentei.uenotakako.com/

2016年6月より俳句検定が再開いたしました。気軽にネットで受検出来るシステムです。

月末定例句会 

毎月一回会員メンバーでの句会。兼題があり投句&選句の通常の句会形式。


会の概要

会の名
おしゃべりHAIKU(ハイク)の会
主宰者
上野貴子(うえのたかこ)
本会所在地
〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-54-3プレステージラフィーネ204
TEL. 03-3413-2905
メール.go-ueno5@mx22.tiki.ne.jp

俳句

歳時記ブログ:桜

歳時記ブログ:桜

 

花見の行事と結びつき文学や絵画に多く登場し、古くから農作業開始の目安として親しまれてきた。今では東京では染井吉野が代表的。

平安時代以降、花と言えば桜のことで、春の代表的な花とされている。

花盛り、花明り、花影、花時、花の雨、花の山、花の昼、花の雲、花の宿、花埃、朝桜、夕桜、夜桜、若桜、老桜。

 

さくらさくら齢忘れて花盛り・・・貴子

 

 

歳時記ブログ:立春

歳時記ブログ:立春

 

陽暦では2月4日頃、節分の翌日にあたる。

暦の上ではこの日から春となる。

季節を定めるために重要とされ用いられてきた陰暦の二十四気七十二候が基準となる。

この日までが寒と言われ、厳しい寒さの中にもかすかな春の兆しが感じられる。

 

春はじめ今年は何をはじめよか・・・貴子

 

 

歳時記ブログ:新年

歳時記ブログ:新年

 

新しい年。一年の初め。

あたりの風景も人の心も、一種あらたまった感じがするのが不思議である。

年始、新玉、年明く、年改まる、年来る、年迎える、などと言う。

 

ビルを抜け朝陽の昇る年はじめ・・・貴子

 

 

 

歳時記ブログ:冬

歳時記ブログ:冬

 

立冬から立春の前日までを冬と呼ぶ。

11月7日頃から2月3日頃までに当たる。

陽暦では11~1月。

三冬は、初冬、仲冬、晩冬の称。九冬は冬期九十日間のこと。

冬帝は冬の漢名。冬の道、冬の家、島の冬、庭の冬、冬畳など種々配して用いる。

 

人生の迷路に悩み冬の道・・・貴子

 

 

› 続きを読む