2017・8・19俳句記念日大会&和文化祭り大賞発表!

2017年度の応募総数503句の中から厳正な審査の結果それぞれの大賞が決まりました。

なかなかの混戦で、どの先生もなかなか決まらずにひやひやとした結果、ご応募の中ではかなり年少の若々しい感性の楽しい夏休みの句が大賞となりました。

こんかいから俳句記念日としてのこの賞はベストテン式として審査員の全員で選びました。

可愛い句に決まり、とても喜んでいます。

それでは、発表をご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^

8・19俳句記念日大会大賞
エントリーNo.101 俳句「スイカ割りちらっと覗いて頬緩む」平松由夏

FaceBook俳句大会大賞
エントリーNo.358 俳句「生きること許されており終戦忌」土橋みゆき

スペシャル審査員水越浩幸大賞
エントリーNo.288 俳句「失業の夫の味噌汁いと美味し」中島 知子

特別審査員天城映大賞
エントリーNo.484  俳句「一山を一夜に燃やす紅葉かな」齋田友紀子

特別審査員大平有希子大賞
エントリーNo.113 俳句「弟に兄背を越され子どもの日」辻 雅宏

特別審査員渡辺惠子大賞
エントリーNo.419 俳句「絵筆持つ古稀の手習い雲の峰」高橋透水

 

受賞された皆様ほんとうにおめでとうございました。
ご応募下さいました沢山の方々に心から感謝致します。

 

★記録ムービーはこちらからYouTubeでご覧ください。
https://youtu.be/rjjQWWraRV4

(2017・8・21)

8・19俳句記念日FaceBook俳句大会何とか終了!

DSCN3305DSCN3308

2015年8月19日に三軒茶屋駅前キャロットタワー26Fで第2回8・19俳句記念日FaceBook俳句記念日のイベントを開催致しました。

今年のメインは、何と言ってもさっち~の俳句のテーマソングです。

可愛い「恋する夏の575」というタイトルの歌をプレゼントして下さりました。すごく嬉しいです。

さッち~の歌詞には沢山季語や俳句が盛り込まれていて、なかなか考えてくれています。素晴らしいです。

始まりが、誰にでも解る名句で、「古池や蛙飛び込む水の音」から始まるんですよ!インパクトあります。

どのくらい季語や俳句が詠み込まれているのか、じっくりと聞いてみたいと思います。

そして、ゲストのお二人。。。。。

水越さんには、やはりいつも通りユーストリーム配信の操作を助けて頂き、何とか会場の様子を生中継出来ました。さすがのお師匠さん!

今乃さんは、素敵なイケメンで印象に残る言葉の句が、ご自身の胸にのこってそんな句を選んでくださったとのこと。。。。

そして、利き酒師の加藤さんからの天宝一のプレゼントで賑やかな乾杯の音頭を頂き、いつもの御着物姿で会場も華やいだ雰囲気で始まりました。

ゆったりとした会場で、交流会としてもとても話しやすく、みなさん和んでくださりとても楽しいひとときでした。

「おしゃべりHAIKUの会」のメンバーも参加して、盛り立って下さり何とか終了することが出来ました。本当に有難うございました。

今回の大賞4賞を発表致します。

8・19俳句記念日大賞

No160 子の破る不安と期待春障子・・・・・米林 拓

FaceBook俳句大会大賞

No186 極暑日にただ案ずるは母の事・・・・・伊藤桂子

特別選者今乃世護大賞

No103 月赤く夜桜淡く風走る・・・・HajimeTamura

特別選者水越浩幸大賞

No251 盆の月これから住まふ空に浮く・・・・・宮崎ひろし