ネット句会

梅祭り俳句大会
時は令和初の立春を迎えますね!
そこで梅花の宴にちなんで「おしゃべりHAIKUの会」では
ネット通信句会内で梅祭り俳句大会を行いま~~す!
2月29日〆切とします。

にまつわる俳句大歓迎です!

★ネット句会内の梅祭り俳句大会投句はこちら
https://ws.formzu.net/dist/S43584151/

※ネット句会も通常通り同時に開催致しますので、兼題投句もお送り下さい。今回は梅祭り投句を兼題5句意外に何句でも受け付けます。ネット句会メンバーもどしどしご応募下さい。

3月の兼題【春泥】&【土筆】(2月29日〆切)その他、梅祭りにつき「梅」にまつわる俳句何句でも受け付けます。



インターネット句会

インターネットの画面上での選句ページコーナーから、5句まで自由に選句して頂き、「おしゃべりHAIKUの会」へ選句返信して頂くだけで、句会に参加出来ます。毎月おおよそ月末にまとめ集計し、翌月の10日前後に結果コーナーに点盛り(集計)の結果が発表されます。

テレビレッスン「ネット句会の予習復習」添削あり毎月第二水曜日に開講。
毎月のネット句会の結果を丁寧に解説致します。


インターネット句会へのこだわり

この句会では、インターネットを使い投句や選句、そして、選評まで簡単に出来ます。自由にご参加下さい。(ペンネームや匿名も受け付けます。)

⇐はじめての方のお申し込みはこちらから

ご登録された方はこちら

★ネット句会への投句(5句)https://ws.formzu.net/dist/S43584151/
★選句(5句)はこちらから 
https://ws.formzu.net/dist/S60939484/


今月の投句 (2月3日更新・春の戦 )

1      冬の実を保育男子に子らは撒く
2      出窓越し眼力(めぢから)強し猫の恋 
3      縁側の世間話やかぶら漬
4      若き恋 抑えきれない 猫の恋
5      浮かれ猫闇から闇へ一途なり
6      春一番脱兎のごとく三茶過ぐ
7      校庭の砂巻き上げる春一番
8      春一番四回転ジャンプのようにチラシ跳ねる
9      恋猫のひと鳴き勝負つきにけり
10    春一番今年まく種子並べけり
11    母送る後悔少し初昔
12    春一番千代田区千代田一番地
13    春光や今や名のみの富士見坂
14    春一番二番三番続けざま
15    夕ぐれてメニュー決まらず猫の恋
16    帽子飛び 子供駆け出す 春一番
17    紫の禰宜の袴に餅の花
18    餅花に招かれ地元商店街
19    女子旅や春一番も笑い飛び
20    一人寝の寝床寂しや猫の恋
21    寒風に倒されてなお青き松
22    猫の恋まるでロミオとジュリエット
23    にらみ合ひやがてすり寄る猫の恋
24    七色の粉雪といふ魔物かな
25    嫁が君湯呑に干支の絵付けする
26    春一番 スカート抑え 前進む
27    まだ明日が遠くに感じ春疾風
28    杉山の命を乗せて春一番
29    録音の閻魔の諭し初詣
30    立春やドタキャンされて紅を買い
31    新幹線の清掃速し初列車
32    春一番くさい言葉のラブレター
33    寒月の長き尾を引く湖面かな
34    古の便りなのかも春一番
35    恋猫の激しい声に犬怯え
36    派遣とはつれなき響き寒の餅
37    君がいて 温もり感ず 寒の内
38    カンガルーラッコにコアラ冬の母子
39    耕運機掻き出す土へ春一番
40    冬の波テトラポットで砕け散る
41    恋の猫そ知らぬ顔で朝帰り
42    猫の恋ミケもアメショもときめいて
43    稲積むやセブ島の風吾に甘き

44    小寒の観光船の澪二本
45    ひと枝に希望膨らむ梅の花
46    時と場所憚りもなき猫の恋
47    お風呂場で 震え止まらぬ 寒の内
48    春一番山へ山へと迷い道
49    初雪の積もることなし神の庭
50    間欠泉待った思いも寒天へ
51    春一番白紙のテスト飛んでゆく
52    五十路来て最後の坂に春一番
53    七種の湯気の光のやはらかき
54    もうセール今年の手帳初昔
55    初芝居母の形見の帯重し


★ネット句会への投句(5句)https://ws.formzu.net/dist/S43584151/

★選句(5句)はこちらから 
https://ws.formzu.net/dist/S60939484/


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


3月の兼題【春泥】&【土筆】(2月29日〆切)
その他、
梅祭りにつき「梅」にまつわる俳句何句でも受け付けます。(フォームは5句単位で何回でもOK)

★ネット句会への投句(5句)https://ws.formzu.net/dist/S43584151/
★選句(5句)はこちらから 
https://ws.formzu.net/dist/S60939484/

【春の戦】

★3月の兼題(2月29日〆切。)
【春泥】
  春のぬかるみのことです。春は雨、凍解や雪解などで泥水が乾ききらずに、泥のぬか   るみが至るところにみられます。子供のころ、わざと足を入れたものです。

   傍題に、春の泥
【土筆】
  
杉菜の胞子茎とか。日のあたる土手や畦道に生えます。筆のような形をしているので  この名があります。袴を取って煮て食べますがやや苦味がありますね。
   傍題に、つくしんぼ、つくづくし、土筆摘む。

他に、当季雑詠、自由題で、5句投句5句選句です。 


【春の戦これまでの兼題】
★2月の兼題(1月31日〆切。)【春一番】と【猫の恋】

他に、当季雑詠、自由題で、5句投句5句選句です。




1月の結果
 

五点句

アメ横に妻見失ふ年の暮        辻 雅宏

虎落笛コルトレインの蒼き音      長濱藤樹

ゴミネット器用に外す冬鴉        矢野敬和

おらが畑ゆつくりしてけ冬雲雀      辻 雅宏

今朝の冬絵筆に残るほの湿り       伊藤はな

一杯を奢り奢られ年の暮         長濱藤樹

下りゆくテールランプや年の暮れ     宮沢俊幸                                     

                                          

二点句

歳時記の栞はらりと初昔         矢野敬和

料亭の客を迎へる餅の花         辻 雅宏

新海苔の大きく挟む握り飯        長濱藤樹

幸福は膝の猫なりクリスマス       矢野敬和

一心に枯木を描く老画伯         矢野敬和

餅つきは子等の笑顔に腕捲り       橋詰 博

愛犬も良き夢見たる毛布かな       矢野敬和

駄菓子屋の婆が今年も赤毛布       北村まゆみ

裸木の揺れて星咲く露天風呂       伊藤はな

改元の令和元年暮れにけり        辻 雅宏

年の暮賑わう街に紛れ込む        矢野敬和

電飾の灯によみがへる枯木かな      辻 雅宏

 
一点句

幼子が抱えて歩く鏡餅          橋詰 博

初昔的中馬券眺めたり          橋詰 博

餅花の飾られ商店街急ぐ         上野貴子

初昔なんだかやっと年を取る       上野貴子

平成が過ぎて令和の初昔         上野貴子

初雀われと遊んでくれないか       矢野敬和

餅花や娘夫婦の帰りくる         長濱藤樹

目標を持ち越して居り初昔        北村まゆみ

廃トンネルワインを抱いて山眠る     おおたえつこ

餅花やおひとりさまの居間に映ゆ     辻 雅宏

椎の樹の熊の爪痕吹かれをり       長濱藤樹

夜汽車鳴き故郷恋し年の暮れ       橋詰 博

養生の毛布柱に引越屋          辻 雅宏

毛布背に仰向けに寝る小犬かな      長濱藤樹

胃カメラの食道通る年の暮        辻 雅宏

老いの身を毛布に挟む寝床かな      辻 雅宏

大晦日仕事終いの田の煙         橋詰 博

一枚の毛布くるまる車中泊        伊藤はな

飲み会に予定重なる師走時        橋詰 博

重ね着の素肌にちょうど良き外気     楠田玲子

地に降りて並の鳥なる冬雲雀       矢野敬和

一本の枯れ木が雨の跡かたる       上野貴子

真っ二つ折れて空洞大枯木        上野貴子

こだまする冬の雲雀の声うらら      上野貴子

冬雲雀置いてきぼりの川の岸       上野貴子

空を突く枯木の枝の勇ましや       辻 雅宏

冬雲雀落ちては揚がる川原かな      辻 雅宏

その姿見ばや枯れ木の凛なるを      辻 雅宏


★ネット句会への投句(5句)https://ws.formzu.net/dist/S43584151/
★選句(5句)はこちらから 
https://ws.formzu.net/dist/S60939484/

★ネットテレビ「俳句TV」から毎月点盛りの結果発表
https://www.youtube.com/channel/UCxvCKp1aE7_pAWNsjr_czQQ



    ~~~勝ち抜き戦の結果・冬の戦~~~     

         アメ横に妻見失ふ年の暮・・・・五点
           虎落笛コルトレインの蒼き音・・五点
           ゴミネット器用に外す冬鴉・・・五点 

         おらが畑ゆつくりしてけ冬雲雀・五点 
           今朝の冬絵筆に残るほの湿り・・五点 
         一杯を奢り奢られ年の暮・・・・五点  

           下りゆくテールランプや年の暮れ・五点 
      
今回は冬の戦の最終回とあって激戦の結果これまでに無く5点句が7句も勝ち残りました。フォームを新しくして皆さんやる気まんまんですね。次回はいよいよ令和初の早春となります。                        (春:2月~4月)



~~~今月の選評~~~

授かる句捨てる句もあり初昔

昨年書き溜めた俳句の整理が大変なのでしょうか。なかなか捨てられないので面白い割り切った方の句だと感じて面白いです。

★ネット句会への投句(5句)https://ws.formzu.net/dist/S43584151/
★選句(5句)はこちらから 
https://ws.formzu.net/dist/S60939484/



梅にまつわる俳句大歓迎です!
★ネット句会内の
梅祭り俳句大会投句はこちら
 https://ws.formzu.net/dist/S43584151/  


★3月の兼題(2月末日〆切)

【春泥】と【土筆】
他に、
当季雑詠、自由題で、5句投句5句選句です。
 
【今月のワンポイントレッスン】


2020年2月No

梅の開花が早いと言われていますが、令和初の早春2月のワンポイントレッスンです。
前回は、「凝縮性」についてのレッスンでした。
今回は「具象性」についてご説明します。

まず「凝縮性」「具象性」「普遍性」この3つが俳句の三本柱です。
その中の「具象性」ですが、これは形のある物、目に見える物に、想いを込めて作者の言いたい事や表現したい感動を解りやすく詠むということです。
この形を成すものは季語とは限りません。今年は令和にちなんで「梅」の句を募集していますが、消しゴムや靴などのような季節感のない物でも想いを込めれば具象的ですね。今月は解りやすい梅まつり俳句大会ですので、是非「梅」の句をネット句会にご応募下さいね。


「俳句TV」ミニ講座下記より

★過去番組ページはこちら http://uenotakako.com/?post_type=haikutv
                                   (令和二年二月上野貴子)


【ネット句会後記】 

 接戦の「冬の戦」が終りました。高点句が多く出ましたね。2月から4月までは「春の戦」になります。ところで、2月と言えば梅の花ですよね。ネット句会と並行して梅祭り俳句大会が開幕です。賞品も用意されています。梅を愛でてこぞって応募しましょう。                                                               (令和二年二月 辻 雅宏)




俳句

› 続きを読む