ネット句会

インターネット句会

インターネットの画面上での選句ページコーナーから、5句まで自由に選句して頂き、「おしゃべりHAIKUの会」へ選句返信して頂くだけで、句会に参加出来ます。毎月おおよそ月末にまとめ集計し、翌月の10日前後に結果コーナーに点盛り(集計)の結果が発表されます。

テレビレッスン「エンジョイ俳句ライフ」毎月第二水曜日に開講。
毎月のネット句会の結果を丁寧に解説。
ミニ講座では俳句入門レッスン。


インターネット句会へのこだわり

この句会では、インターネットを使い投句や選句、そして、選評まで簡単に出来ます。自由にご参加下さい。(ペンネームや匿名も受け付けます。)

⇐はじめての方のお申し込みはこちらから

ご登録された方は下記からご参加下さい。

★ネット句会への投句(5句)& 選句(5句)
https://ae-ne.com/c/haiku/entry/e/JFET4VCymDtxJaSr/


※ネット句会では当季雑詠自由題もしくは、兼題での投句を受け付けております。
季感が明らかにずれている俳句の投句はお断りしておりますことご了承下さい。


今月の投句
(5月7日更新・夏の戦 )

1ふっくらと初夏の匂いの干し布団
2はつなつの青空広く洗い立て
3初夏の今日ちょうどぴったり七分袖
4風邪ひくな母の日も吾に諭す母
5母の日も働きたがる母の癖
6初夏や水脈一筋に島へ向く
7母の日や大地に何をささやける
8母の日やつかれし顔の小さくなる
9百万の薔薇の香りに一つ風
10パキパキと三つに畳む日傘かな
11石鹸玉吹いてウイルス吹つ飛ばす
12ホップコーン弾けるやうな四月馬鹿
13夜の桜生きているかに息をする
14母の日の母に供ふる般若湯
15金髪に染めて闊歩よ初夏の風
16風の鳴る通りを下り夏はじめ
17朝が来て光拡散初夏の風
18風薫る五月がくれば絵空事
19緊急事態宣言過ぎて来る母の日
20母の日の故郷へせめて電話掛け
21一粒がふっくらふくらむ春の雨
22門くぐる瞬間さくら色の光陰
23オレンジのスーパームーンとラインにて
24断捨離に母の日の品生き残る
25初夏や娘のシャワーやや長く
26初夏や郵便受けにラブレター
27初夏やタピオカを飲む女学生
28母の日や母に何にもしてやれず
29母の日や何を贈れど喜ばれ
30母の日や写真の母は笑顔なり
31ぶらんこの音無く揺れて児等誘う
32青信号渡る者無く春の昼
33花の塵乙女の陰の華やいで
34つくしんぼ土手に転がるランドセル
35幸せは散歩帰りのつくつ″くし
36釣人のひがな対峙す初夏の海
37今乗りたし夕焼けの中佐渡汽船
38母の日に亡き母の味草団子
39半袖を軽やかに抜く初夏の風
40初夏(はつなつ)や池魚我先に餌にはづむ
41母の日や墓前の白きカーネーション
42母の日や位牌の裏の広き闇
43釣果無く家路の父子(おやこ)初夏の風
44刻印石(しるしいし)異国の言葉初夏の城
45路地の奥ツツジはツツジなりに咲く
46継ぎ接ぎも今は懐かし母の日の
47外出もならず句を詠む遅日かな
48葉桜や宮崎駿の白き雲
49連弾の繰り返し聴く遅日かな
50宇宙まで抜ける群青日和かな
51母の日や母の遺影に赤い花
52母の日も母は厨に立ちにけり
53初夏や草木も鳥も躍り出す
54嫁がせて初老夫婦の初夏の旅
55わが庵に海より届く初夏の風
56改めて仰ぎ見たるや初夏の富士
57母の日や位牌並びし三世代
58カルピスにストロー二本夏の空
59白蛇の夢は吉兆と母の言ひ
60筍の打ち捨てられし竹林かな
61母の日や大丈夫よと電話口
62母の日や愚痴や弱音はなけれども
63初夏や空へ真直ぐに線路伸び
64初夏や矢を番ふごと柄杓引く
65初夏や白檀香る四畳半
66初夏や風やわらかに頬撫でる
67母の日や手を引き参るお寺かな
68母の日や遺影を囲み語り会ふ
69母の日や母への感謝つぶやきぬ
70休校の続くグランド夏はじめ
71頂に雲一つなき初夏の富士
72悠然と初夏の草食む仔馬かな
73漂泊の俳人初夏の風に立つ
74母の日の来るたび妣の恋しけり
75母の日の妻にしたがひ家事こなす
 

 

★ネット句会への投句(5句)& 選句(5句)
https://ae-ne.com/c/haiku/entry/e/JFET4VCymDtxJaSr/



★お茶会テレビ句会はこちらから
http://uenotakako.com/?p=74430



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


6月の兼題【梅雨】&【蛍】(5月31日〆切)

★ネット句会への投句(5句)& 選句(5句)
https://ae-ne.com/c/haiku/entry/e/JFET4VCymDtxJaSr/
 


【夏の戦5・6・7月】


★6月の兼題(5月31日〆切。)

【梅雨】
入梅から約1か月間の雨期のことで、雨そのものは五月雨という季語を立てますから、お間違えの無いように。傍題に青梅雨、荒梅雨、梅雨じめり、梅雨晴間など。


【蛍】
ほうたるとも。言わずと知れた初夏の風物詩。宮人たちは蛍に託して恋の歌を詠んだようです。傍題に初蛍、蛍火、草蛍、姫蛍など。蛍狩、蛍籠は別の季題となる。

他に、当季雑詠、自由題で、5句投句5句選句です。 

<先句に学ぶ>

     梅雨の傘たためば水の抜け落つる     
                 長谷川 櫂

   
    じやんけんで負けて蛍に生まれたの
                  池田澄子


【夏の戦これまでの兼題】
★5月の兼題(4月30日〆切。)【初夏】と【母の日】

他に、当季雑詠、自由題で、5句投句5句選句です。




4月の結果
 

七点句

土筆摘む子等に汽笛の小海線     宮沢俊幸

六点句

新任の弾むオルガン風光る      植田 好男

五点句

百年の畑に一本梅残し        宮沢俊幸

杖二本並びて今朝の梅見かな     ひぐらし

三点句

浮かれ猫闇から闇へ一途なり     宮沢俊幸

受付に梅の一枝面接日        辻 雅宏

梅真白坂を登れば天守閣       津川博章

梅東風に切った前髪乱されて     上野貴子

つくし摘む線路工夫の昼休み     ひぐらし

春泥や等間隔に杖の跡        ひぐらし

二点句

風光る都市に閉鎖の危機迫る     上野貴子

ウォーキング交わす挨拶風光る    柳澤ミハル

今園児らの産毛やはらか風光る    矢野敬和

白梅の無垢より生るる香気か     辻 雅宏

たてがみを揺らすポニーや風光    矢野敬和

やつとできた逆上がりの子風光る   広田洋一

遠き日の土筆の茎の太さかな      よっしー

濡れ縁に母と土筆の袴取る       辻 雅宏

出窓越し眼力(めぢから)強し猫の恋  土橋みゆき

春一番白紙のテスト飛んでゆく     矢野敬和

小諸なる虚子の庵や風光る       辻 雅宏

老犬に引かれ引かれて梅の中      青山好男

塗り立ての青きベンチや梅ふふむ    辻 雅宏

石垣に藩の子刻印カンつくし摘む    ひぐらし

春光の大地の底の軋みかな       長濱藤樹

春泥を飛び越えようとしてる鳥     上野貴子

別れゆく人と眺める梅の花      矢野敬和

ゴミ収集車沖へ一列涅槃西      ひぐらし

一人寝の寝床寂しや猫の恋      宮沢俊幸

にらみ合ひやがてすり寄る猫の恋   辻 雅宏

まだ明日が遠くに感じ春疾風     上野貴子

ひと枝に希望膨らむ梅の花      土橋みゆき

帽子飛び子供駆け出す春一番     グリーンウッド 

恋猫のひと鳴き勝負つきにけり    長濱藤樹

一点句

宛名書く女性の指や風光る       矢野 敬和

車窓海常磐線車に風光る        植田 好男

散る桜思い出すなり失恋日       ハッピィ丸山

春泥や等間隔に杖の跡         ひぐらし

幼子はコロナに負けず鞦韆漕ぐ     天野純平

またひとつ予定消されて朝寝せり    植田 好男

土筆和へ作りし母も今は亡く      よっしー

一升餅背負いて一歩風光る       柳澤ミハル

隧道を一つ潜れば花の里        上野貴子

遍路笠脱ぎて仰ぎぬ大師像       広田洋一

朝寝するわれの隣で孫寝息       青山 好男

風光る天の橋立股のぞき        辻 雅宏

つくし摘む線路工夫の昼休み      ひぐらし

花冷えや人影まばら目黒川       天野純平

ベンチには誰も来てない花の池     上野貴子

相席は吉田茂似風光る         植田 好男

幼子の真似で童謡雛祭り        上野貴子

家族には家族の絆春嵐         上野貴子

土筆摘む万燈ここにあるごとし        長濱藤樹

袴取り夕餉に添える土筆坊       柳澤ミハル

一盞を傾け愛づる梅の花        辻 雅宏

しつらえの野点に憩ふ梅二月      辻 雅宏

真青なる空をいただき梅白し      辻 雅宏

梅を詠む梅を詠む母の一句や匂ひ立つ   辻 雅宏

通夜の風仄かに匂う梅の花       伊藤はな

新草履春泥避けて遠回り        大島敏子

春一番脱兎のごとく三茶過ぐ      辻 雅宏

校庭の砂巻き上げる春一番       矢野敬和

春一番くさい言葉のラブレター     矢野敬和

耕運機掻き出す土へ春一番       宮沢俊幸

恋の猫そ知らぬ顔で朝帰り       辻 雅宏

春一番白紙のテスト飛んでゆく     矢野敬和

 

★ネット句会への投句(5句)& 選句(5句)
https://ae-ne.com/c/haiku/entry/e/JFET4VCymDtxJaSr/


★ネットテレビ「俳句TV」から毎月点盛りの結果発表
https://www.youtube.com/channel/UCxvCKp1aE7_pAWNsjr_czQQ

※ネット句会では当季雑詠自由題もしくは、兼題での投句を受け付けております。
季感が明らかにずれている俳句の投句はお断りしておりますことご了承下さい。


    ~~~勝ち抜き戦の結果・春の戦~~~     

         土筆摘む子等に汽笛の小海線・・・7点 
      
もう夏の戦ですね。緊急事態宣言は延長されてしまいましたが、自粛協力しながら上手く終息の出口に向かって行動してゆかなけばなりませんね。もう夏の始まりです。
                            (夏:5月~7月)



~~~今月の選評~~~

新任の弾むオルガン風光る

若い女性教師だろうか。授業でオルガンを弾むように弾いている。その気持ちいい音色が教室から飛び出し、風に乗って光るように青空へ届く。とても清々しい、佳い俳句である。

 

★ネット句会への投句(5句)& 選句(5句)
https://ae-ne.com/c/haiku/entry/e/JFET4VCymDtxJaSr/



★6月の兼題(5月末日〆切)
【梅雨】と【蛍】
他に、
当季雑詠、自由題でも投句可能とし、5句投句5句選句です。

※ネット句会では当季雑詠自由題もしくは、兼題での投句を受け付けております。季感が明らかにずれている俳句の投句はお断りしておりますことご了承下さい。
 
【今月のワンポイントレッスン】

2020年5月No12

新型コロナウイルスの感染拡大のための緊急事態宣言が延長されてしまい不要不急の外出を控えたままの5月の連休明けですね。

前回は、芭蕉の詠んだ「桜」の句についてのレッスンでした。

今回は自粛に伴い夏を迎えましたが行楽に出かけることも控えなければなりません。そこで「五月」の句を鑑賞してみましょう。

まずは、芭蕉の詠んだ五月の一句

「五月雨をあつめて早し最上川・・・芭蕉」

この句を芭蕉の「奥の細道」からみつけました。最上川の臨場感が「早し」に詠まれていますが、「涼し」という原句を実際に舟下りをした後で推敲したという逸話が残されています。面白いですね。                

「俳句TV」ミニ講座下記より
★過去番組ページはこちら http://uenotakako.com/?post_type=haikutv
                                   (令和二年五月 上野貴子)


【ネット句会後記】 

 「春の戦」が高点句を残して終わりました。五月からは夏の戦です。兼題または三夏にわたってあなたの夏の句を投句してください。投句されたら選句も必ずお願いいたします。全国的に行動自粛です。こんなときこそ俳句を詠みましょう。                                                                          (令和二年五月 辻 雅宏)


★ネット句会への投句(5句)& 選句(5句)
https://ae-ne.com/c/haiku/entry/e/JFET4VCymDtxJaSr/



俳句

› 続きを読む