ネット句会

インターネット句会

インターネットの画面上での選句ページコーナーから、5句まで自由に選句して頂き、「おしゃべりHAIKUの会」へ選句返信して頂くだけで、句会に参加出来ます。毎月おおよそ月末にまとめ集計し、翌月の10日前後に結果コーナーに点盛り(集計)の結果が発表されます。

テレビレッスン「ネット句会の予習復習」添削あり毎月第二水曜日に開講。
毎月のネット句会の結果を丁寧に解説致します。


インターネット句会へのこだわり

この句会では、インターネットを使い投句や選句、そして、選評まで簡単に出来ます。自由にご参加下さい。(ペンネームや匿名も受け付けます。)

⇐はじめての方のお申し込みはこちらから

ご登録された方はこちら
★ネット句会への投句&選句はこちらから
http://ae-ne.com/c/haiku/entry/e/JFET4VCymDtxJaSr/


今月の投句 (11月12日更新)

井戸水に聞き耳立てる漫ろ寒
初紅葉今年も見れたと義父笑う
毎年の庭咲き誇る菊日和
町はずれ初紅葉待つ御団子屋
レンズ越しふと手が止まる初紅葉
風に吹かれ月煌々と夜長かな
どんぐりに楊枝を刺して駒回し
グランドの一瞬静まる秋の虹
待ちわびて曼珠沙華の地踏み歩く
ウオーキング見上げた空に初紅葉
地域猫の餌入れは空秋の風
雷鳴や獣のやうに吾子目覚む
ポケットのどんぐり回る洗濯機
転がされ団栗ころりこんころり
ドングリを並べてトトロを待つ夜更け
猫パンチ受け団栗の転がるる
寒露かなきらめくものに射す朝日
雲水の行く音静か初紅葉
団栗で独り遊びし反抗期
看護師に団栗わたす小さな手
どんぐりの屋根に落つる音眠れぬ夜
奥飛騨や車窓を過る初紅葉


一覧から5句選句し内1句に選評をお書き下さい。集計は月末〆。メールの方は下記より

★ネット句会への投句&選句はこちらから

http://ae-ne.com/c/haiku/entry/e/JFET4VCymDtxJaSr/



10月の結果

五点句

香水や今日から私自由なの          小南彩乃

四点句

深大寺日傘を畳み手を合わす         上野貴子
朝顔の鉢抱き歩む一年生          齋田友紀子 

三点句

江ノ島へ月の光に誘われて         土橋みゆき
黒南風や天井の龍睨みをり         齋田友紀子
幹うねり昇る天空百日紅           上野貴子
伏す犬の鼻先過る雨蛙              小南彩乃
父亡くし荒れる庭にも梅実る        土橋みゆき


二点句

停電の大地を照らす天の川         土橋みゆき
秋茄子のやわで歯の根の浮くほどに      上野貴子
毎日の誰か命日墓洗ふ           山本由紀子
山葡萄熟れて野猿の糧となり         辻 雅宏
午前2時稚児も泣き止む天の川       土橋みゆき
月光に一歩を押され古道かな        土橋みゆき
雷は神の怒りや臍かくす           辻 雅宏
虹が出た去りゆく雨をひとまたぎ       上野貴子
雷は神の怒りや臍かくす           辻 雅宏
籐椅子に本とじたまま夢の中        齋田友紀子
 

一点句

無人駅の窓を飾るや山葡萄          小南彩乃
御巣鷹に友は眠りぬ銀河濃し         辻 雅宏
待ち合わせ早めに付けば秋扇         上野貴子
月光や祈るその手の白さ増す         小南彩乃
頭(こうべ)たれ客を迎える秋海棠     土橋みゆき
好きなだけアートに恋す星月夜       山本佐和子
豪雨あと水際迫る蘆の花           上野貴子
新月の闇を圧するコンビナート        小南彩乃
そらんじる英語を秋風に乗せて       山本佐和子
寝静もる京の町屋や天の川          辻 雅宏
月光や客を待ちいる屋形船          辻 雅宏
月光のここまでとどけ屋形船         上野貴子
毎日の誰か命日墓洗ふ            山本佐和子
籐椅子に本とじたまま夢の中        齋田友紀子
ビヤホール出てジャズ口ずさむ夕べ      小南彩乃
黒南風や天井の龍睨みをり         齋田友紀子
梅雨の星子らと探してひいふうみ      齋田友紀子
簾下げ部屋へ静かな影落とす         上野貴子
濡れし紫陽花の見送る無人駅        齋田友紀子
黒南風や水疱瘡に薬塗る           小南彩乃
伏す犬の鼻過る雨蛙             小南彩乃
お見舞へ庭の朝顔手折る母         土橋みゆき
一人っ子の留守居の友や雨蛙         小南彩乃




   
(細かい点に間違いが生じる場合がありますことをお詫びいたします。)

「俳句TV」毎月第二水曜日夜8時から「ネット句会の予習復習」&添削指導あり番組配信
 
https://www.facebook.com/haikutv/


~~~俳句名人戦2018年・秋の戦~~~

10月の勝ち抜き句

香水や今日から私自由なの・・・五点:小南彩乃

~~~~~~~~~~~~~~~~~

秋の戦にもかかわらず「香水」の句が勝ち抜きました。これも異常気象の表れでしょうか?秋がなくなるような長い夏に何か不自然さを感じます。地震も怖いですね。若々しさが季語にはこだわらない選者の心を捉えたようです。素敵な句ですね。
(秋:8月~10月投句)


   ~~~今月の選評から~~~

秋茄子のやわで歯の根の浮くほどに 

茄子の柔らかさを大変巧みに描写した一句です。普通の茄子よりも、秋茄子が持っている独特の噛みごたえを詠み「歯の根の浮くほどに」という喩えが活きています。思わずその美味しさを想像してしまう、比喩の上手さが感じられます。



俳句

› 続きを読む