上野貴子の芭蕉の旅

これからこのページでは一年半かけて松尾芭蕉の全句解釈を成し遂げた記念に松尾芭蕉の俳句の旅といたしまして「芭蕉の旅」を掲載して参ります。
紅葉の10月から始まり桜咲く4月で完了いたしました。俳聖松尾芭蕉の俳句の旅をご紹介致します。
まず、最初は、やはり桜の記事からご覧ください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
No1

「さまざまの事おもひ出す櫻かな・・・芭蕉」

この句は芭蕉の桜の名句です。なんとなく古臭さを感じない句ですね。
この句の背景には多くの芭蕉の生涯の出来事が隠れているのですが、句だけ見ると懐かしい思い出を桜に詠んでいる暖かな句ですね。

「花の空坂を登れば雲の橋・・・上野貴子」今年の桜の句です。

今年の春は病院に行く機会が多く、この句はそんな行き帰りの通い道で詠んだものです。


●ここに芭蕉の桜の句を10句ご紹介致します。

さまざまなこと思ひ出す桜かな
花の雲鐘は上野か浅草か
しばらくは花の上なる月夜かな
奈良七重七堂伽藍八重ざくら
初花に命七十五年ほど
咲乱す桃の中より初桜
うかれける人や初瀬の山桜
草いろいろおのおの花の手柄かな
よし野にて桜見せふぞ檜の木笠
花ざかり山は日ごろのあさぼらけ

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
No2

芭蕉の3つの旅

芭蕉は、自分を見つめ、自然の心をとらえ、うそいつわりのない真情を575の文字に表すために、風雅の道を求めていました。

四十一才のとき
「野ざらし紀行」野ざらしの旅。1684年秋~翌年1685年4月。

四十四才のとき
「笈の小文」旅の楽しむ心境の旅。1687年~1688年。

四十六才のとき
「奥の細道」みちのくの旅。1689年3月27日深川を出発~9月6日大垣に筆を止める。

この3つの旅は、芭蕉が生涯に残した紀行文のもととして有名な旅です。
旅の俳聖と呼ばれていた芭蕉の神髄はこの3つの旅に隠されているに違いありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
No3

「奥の細道」の旅に出る決意 

芭蕉は旅の俳聖といわれています。
その生涯をかけた「奥の細道」の旅を俳諧の道と芭蕉は考えていました。

芭蕉が尊敬する西行や宗祇(そうぎ)、中国の詩人杜甫や李白もみな旅の道で死んでいます。人生五十年と言われた時代に、四十六才といえば、すでに体も弱く、この旅は帰るところを持たぬ行き倒れの旅を覚悟したものでした。

そうして、長年住み慣れた深川の芭蕉庵を人手に渡し、門人杉風(さんぷう)の別荘に移り、いよいよ北陸、奥羽の旅に出るのです。 

門人杉山(すぎやま)杉風(さんぷう)とは、芭蕉が二十九才の時に初めて江戸へ下った折に落ち着いたのが二十五才であった杉風の家といわれています。

その後、江戸に生まれ幕府に魚を納める問屋「鯉屋」の主人であった杉風は、深川の庵に芭蕉を住まわせて、自らその世話をしていたともいいます。



(芭蕉記念館入り口)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
No4

旅のはじめ

元禄二年三月二十七日(旧暦)
いよいよ旅立ちの日となる。

この日は富士山が遠くにかすかに見えて、ちょうど上野や谷中の桜も咲き、これが見おさめかと淋しい旅の別れを見守っていてくれるようでした。

そして、門人達は別れを惜しみ舟で見送りに千住まで行き、そこで涙の別れとなります。そこからは、門人曾良が同行することとなり、芭蕉の奥の細道の旅がはじまったのです。

ここで門人達が見送った千住とは
    奥州街道の始まりの地。
    奥州街道とは、江戸千住から奥州白河に至る街道。
    五街道の一つ。
    五街道とは、江戸時代に江戸日本橋を起点とした、東海道、中山道、日光街道、    甲州街道、奥州街道の称。




(写真素材は千住大橋)

※新しく芭蕉の俳句を「上野貴子の俳句の旅」ホームページが出来ました。そちらも是非ご覧ください。
http://haikubasyou.uenotakako.com/


No5

芭蕉の食の句

66盃の下ゆく菊や朽木盆

73あすは粽難波の枯葉夢なれや

86あらなんともなやきのふは過ぎてふくと汁

99色付や豆腐に落て薄紅葉

102わすれ草菜飯につまん年の暮

106盃や山路の菊と是を干す

108今朝の雪根深を薗の枝折哉

110かなしまむや墨子芹焼を見ても猶

122雪の朝獨り干鮭を噛得タリ

124餅を夢に折結ふしだの草枕

125春立や新年ふるき米五升

126藻にすだく白魚やとらば消ぬべき

130摘けんや茶を凩の秋ともしらで

139くれくれて餅を木魂のわびね哉

148花にうき世我酒白く食黒し

149雪の魨左勝水―無月の鯉

150夕顔に米やすむ哀なり

153あさがほに我は食くふおとこ哉

164靑ざしや草餅の穂に出つらん

168苔汁の手ぎは見せけり淺黄椀

185芋洗ふ女西行ならば歌よまむ

202明ぼのやしら魚しろきこと一寸

203あそび来ぬ鰒釣かねて七里迄

206しのぶさへ枯て餅かふやどり哉

236つゝじいけて其陰に干鱈さく女

242いざともに穂麦喰はん草枕

248行駒の麦に慰むやどり哉

283蛎よりは海苔をば老の賣もせで

298鰹賣いかなる人を酔すらん

350此山のかなしさ告よ野老堀

357盃に泥な落しそむら燕

414またたぐひ長良の川の鮎膾

424かくさぬぞ宿は菜汁に唐がらし

434身にしみて大根からし秋の風

446御命講や油のやうな酒五升

453米買に雪の袋や投頭巾

454さしこもる葎の友かふゆなうり

466よもに打薺もしどろもどろ哉

467我ためか鶴はみのこす芹の飯

483鮎の子の白魚送る別かな

535めづらしや山を出羽の初茄子

541初眞桑四にや斷ン輪に切ン

542花と実と一度に瓜のさかりかな

543小鯛さす柳涼しや海士が家

552秋涼し手毎にむけや瓜茄子

589蛤のふたみにわかれ行秋ぞ

611あられせば網代の氷魚を煮て出さん

618木のもとに汁も鱠も櫻かな

624似あはしや豆の粉めしにさくら狩

625春雨やふた葉にもゆる茄子種

626此たねとおもひこなさじとうがらし

627種芋や花のさかりに賣ありく

636橘やいつの野中の郭公

656草の戸をしれや穂他蓼に唐がらし

658海士の屋は小海老にまじるいとゞ哉

659朝茶のむ僧しづかさよ菊の霜

669から鮭も空也の痩も寒の内

672納豆きる音しばしまて鉢叩

680梅若菜まりこの宿のとろゝ汁

685呑明て花生にせん二升樽

687麦めしにやつるゝ戀か猫の妻

690衰や歯に喰あてし海苔の砂

694柚の花や昔しのばん料理の間

698たけのこや稚き時の繪のすさび

702粽結ふかた手にはさむ額髪

707水無月や鯛はあれども塩くじら

709秋風のふけども靑し栗のいが

715米くるゝ友を今宵の月の客

717十六夜や海老煎る程の宵の闇

722草の戸や日暮てくれし菊の酒

726松茸やしらぬ木の葉のへばり付

728乳麪の下たきたつる夜寒哉

735葱白く洗ひたてたるさむさ哉

759兩の手に桃とさくらや草の餅

762鎌倉を生て出けむ初鰹

771靑くても有べきものを唐辛子

773行秋のなをたのもしや靑蜜柑

778塩鯛の歯ぐきも寒し魚の店

787蛤の生るかいあれとしの暮

789蒟蒻にけふは賣かつ若菜哉

791白魚や黑き目を明ク法の網

792菎蒻のさしみもすこし梅の花

800子ども等よ昼顔咲キぬ瓜むかん

808初茸やまだ日数へぬ秋の露

817影待や菊の香のする豆腐串

822難波津や田螺の蓋も冬ごもり

828ものゝふの大根苦きはなし哉

829鞍壺に小坊主乗るや大根引

830寒菊や醴造る窓の前

834芹焼やすそわの田井の初氷

836いきながら一つに冰る海鼠哉

838ありあけも三十日にちかし餅の音

840一とせに一度つまるゝ菜づなかな

851青柳の泥にしだるゝ塩干かな

854烏賊賣の聲まぎらはし杜宇

855木隠て茶つみも聞や時鳥

858麦の穂を便につかむ別かな

862駿河路や花橘も茶の匂ひ

864ちさはまだ靑ばながらになすび汁

873我に似な二ツにわれし真桑瓜

877清瀧の水くませてやところてん

879夕顔に干瓢むいて遊けり

880朝露によごれて涼し瓜の泥

881瓜の皮むいたところや蓮臺野

883夏の夜や崩て明し冷し物

884飯あふぐかゝが馳走や夕涼

904蕎麦はまだ花でもてなす山路かな

906行あきや手をひろげたる栗のいが

909冬瓜やたがいにかはる顔の形

937蕎麦もみてけなりがらせよ野良の萩

942折々は酢になるきくのさかなかな

945松茸やかぶれた程は松の形

947菊の後大根の外更になし

950雪間より薄紫の芽独活哉

973萩の露米つく宿の隣かな

 

全115句を抜粋「芭蕉俳句集」岩波文庫より




俳句

秋の七草

秋の七草の季節ですね。

秋はそこはかとなく寂し気で野山の草花が美しく哀れを誘います。

七草あげてみましょう。

萩、尾花、撫子、葛の花、女郎花、藤袴、桔梗

桔梗は昔は朝顔だったと言われますね。

秋の七草を俳句に読んでみました。

萩の花分け入り拝む鎌倉路
雲はやくどこまでゆくの花芒
撫子の小さな小犬見つめてる
藤袴背高のっぽの谷の淵
葛の花甘く香るは土手の下
女郎花夕陽に染まり暮れなずむ
色紙の一枚弾く花桔梗

どれも風流で秋らしいです。

(2017・9・2)

 

七夕の句

2017年の七夕は楽しいイベントが幾つも続きました。

七夕のそうめん流しやカジュアル茶会などにも出席。なかなか味わえない素敵な七夕でした。

 

七夕の句

短冊の糸のからまる天の川

七夕に結ぶ帰らぬ夢の後

太陽に七夕舟の雲と去る

七夕竹お茶席の真ん中に

星の河散りばめられて平茶碗

(2017・7・26)

これまでの紫陽花の句

六月になり、どこか雲が定まらない空模様ですが、梅雨入りはまだのようです。
こんな季節には紫陽花の花が他の花に比べて一段と美しく見えます。何句かこれまでの句を抜粋してみますね。

紫陽花に弾けて雨の四分音符
紫陽花に片目のままの達磨坂
馴初めは紫陽花までの六ヶ月
紫陽花の額の内なる花の蕊
紫陽花に出鼻くじかれ隠れ傘
雲を着て紫陽花硬く色含む
学舎の門へ湖畔の紫陽花路
葉に染まり紫陽花の珠まだ莟
池の淵嵐と朽ちる額紫陽花
紫陽花の昨日の姿はや忘れ
                      
                    (2017・6・7)

 

新緑の鎌倉

新緑の鎌倉

時計台鎌倉の旅が始まる

新緑の鎌倉巡り靴疲れ

古鳥居礼して潜る木下闇

夏山の迫る社の謂れ聞く

朱の鳥居稲荷神社に不如帰

常磐木の落葉踏み締め鎌倉路

三日月の夜空の広く生ビール

(2015年新緑の鎌倉)

桜・2017

2017年の桜は東京では予想よりも3日早く咲き始めました。

その後は、あまりお天気の日が続かず「花冷え」「花の雨」「花曇り」といったところです。

それでは、これまでの「桜」の名句を鑑賞してみたいと思います。

どなたでもご存知の有名な句が多いですね。

●「花」を詠んだ名句

さまざまなこと思ひ出す桜かな      芭蕉

泣に来て花に隠るゝ思ひかな       蕪村

夕ざくらけふも昔に成にけり       一茶

ちるさくら海あをければ海へちる   高屋窓秋

まさをなる空よりしだれざくらかな  富安風生

花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ    杉田久女

山又山山桜又山桜         阿波野青畝

ざらざらと櫛にありけり花ぼこり  阿部みどり女

夜桜やうらわかき月本郷に      石田波郷

したたかに水をうちたる夕ざくら 久保田万太郎

夕桜あの家この家に琴鳴りて    中村草田男

花あれば西行の日とおもふべし    角川源義

なぜここにゐるがふしぎな花筵   能村登四郎

 

 

花と言えば桜

もうすぐ桜の季節がきます。

俳句では花と言えば「桜」を言います。

勿論、春の季語ですね。

今日は桜の俳句を探してみました。お花見の前の参考にされて下さい。

さまざまの事おもひ出す桜かな・・・・・松尾芭蕉

花に遠く桜に近しよしの川・・・・・与謝蕪村

散る桜残る桜も散る桜・・・・・良寛

さきみちてさくらあをざめゐたるかな・・・・・野澤節子

したゝかに水をうちたる夕ざくら・・・・・久保田万太郎

夜桜やうらわかき月本郷に・・・・・石田波郷

桜散る散るを現の船出とし・・・・・上野貴子

 

 

 

青葉抄H28年

青葉抄  平成二十八年

花水仙白波寄せる浜臨む
去年今年忘れてならぬこと多し
初雪を垣根に咲かせ朝が来る

母の後幼の残る花菜畑
春はじめかすかな風に鳥目覚め
父の背を越せぬ娘に梅の散る

朝夕な桜夜桜花吹雪
すみれ草木立の影に朝陽受け
満開の極みをとどめ花の雨

藤棚の下に夕陽の影落ちる
蝶かしら光の色か昼ひなか
五月晴風を真っ正面に受けて

初夏の風水平線を引き寄せて
蕗の葉の見る見る開く虫の屋根
獅子頭二重の鳥居奥に坐す

梅雨時雨傘もささずの道祖神
紫陽花の水滴弾く四分音符
夕焼けに明日は天気と夕鴉

木漏れ陽を溢れて止まぬ蝉時雨
夕顔に陽の暮れかねて風も無し
支えられ松の齢の緑尚

朝顔のしぼんで迫る晴れた空
榾の先塩辛とんぼすまし顔
水たまり秋を見つけて飛び跳ねる

暁に蟋蟀一匹草の主
馬ならず人も花野に歩を止める
泣く声の止んで幼のお萩食む

青さんま北の脂に火の粉飛ぶ
尾花伸び水濁るほど川の鳴る
朝風と隠れん坊して小鳥来る

ひかりへと寄り添っている冬木立
ワイパーに枯葉の積もる路線バス
染まる葉のひと葉ひと色鷹の空

2016年12月24日 | カテゴリー :

青葉抄H27年

青葉抄  平成二十七年

振り返る事のみ多く年の果て
浮寝鳥水面に微か葉舟かと
祈りの灯綺羅星となる聖夜祭

目出度さをお重に詰めて年はじめ
絵双六上りを決めて諦めず
小豆粥夫の笑顔が吉を呼ぶ

朝風に追われて歩く春淡し
バレンタイン近づき夫の寝顔見る
魂の底の血潮か春はじめ

前線の予想駆け足花の雲
鳴けば鳴き姿の増えて経読み鳥
満開の花の一片定期入れ

花の蕊萼を頼りの宵の雨
古草の混じり川辺の草青む
パンケーキ焼けてうららか日曜日

水たまり跳ねて苦笑の雨蛙
親鹿に真似て子鹿の草むしり
夏豆の塩加減ほど雨しとど

風鈴のガラスの音色宵迫る
夏極み暦を忘れ終わりなく
みんみんの命短き季節生く

十五夜に親子か二匹白兎
この先の坂は険しく曼珠沙華
いつまでも母の手を振る鳳仙花

露草のぬらす靴紐スニーカー
鶺鴒の小波さざ波くもの波
宙移り夜の長々と冬至まで

聖夜の灯心にひとつ贈り物
今日までも今日からも感謝冬の朝
極月の土手の小石を空へ投げ

2016年12月24日 | カテゴリー :

青葉抄H26年

青葉抄  平成二十六年

クリスマス明日へ見果てぬ夢探す
柚子湯して指で数える余す夜
鱈鍋の肉の締まれば北訛り

初春に濁世(じょくせ)を清め空晴れる
屠蘇袋静かに開けて邪気除ける
身を正し朝陽を迎え淑気満つ

早蕨の伸びて沢風におはよう
白梅の莟の声を日々記す
淡雪に消されてもこの道を歩く

カレンダー捲り八十八夜来る
紋白蝶せせらぎの音を陽と過り
頬白の影と光りを葉から葉へ

箱根路を登る新緑一号線
冷茶飲む古茶か新茶か二の次に
幼子の声軽やかに町みどり

棘のある一語かえされ白扇子
生ビールジョッキまで冷え宵の店
紫陽花の隣に停まるベビーカー

向日葵の空の天井雲が裂く
そうめんの水にさらりと風を呼ぶ
蝉鳴けば風が言の葉騒めかす

虫の声移りてつなぐ夕間暮れ
ビルとビル無機質な影夏終わる
朝顔と言えば絵日記戦後の子

十六夜のスーパームーン町の空
赤蜻蛉水面へ水輪池の空
母と子の林檎の皮を剥き比べ

目が覚めて夢か現か朝時雨
沈みゆく夕陽追掛け初紅葉
何話す訳でもなくて蜜柑剥く

冬はじめ解禁のボジョレー開ける
腕時計少し遅れて銀杏散る
寄せ鍋に進む晩酌宵の星

2016年12月24日 | カテゴリー :

青葉抄H25年

青葉抄  平成二十五年

黄落の秩父神社の宵早し
腕時計気にして見てる冬帽子                             
聖夜祭夢の欠片の灯をともし

巳年開け逸るひとひを初茜
初句会晴れた空まで声通る                             
冬りんご書斎に一人お留守番

化粧水小瓶に残る春はじめ
芽キャベツの甘さ色濃く朝忙し                             
走り来る早春の大地の目覚め

目黒川花から花へ花の橋
満開を早めて過ぎる花の風                            
春の水ゆるりと海へ多摩下る

花の屋根極楽浄土とはこんな
蛇穴を出れば突然風強し                             
莢豌豆莢取る間さえ気忙しく

たかんなの力みるみる葉をつける
見下ろせば新緑の海へと続く                             
葉に染まり紫陽花の珠まだ莟

鍋の火を止めて蚊の飛ぶ通り雨
待ちぼうけぽつりと傘をさす梅雨                            
雨垂れの一日長く夏至過ぎる

パセリ手折る一人のランチメール読む
滝の音吸込まれゆく山の水                             
虹と虹降りる袂の岐れ道

朝顔のつぼみ見つける蔓の先
輪切りのレモン浮かばせてクリスタル
雨粒の落ちてどこかで遠雷か

淋しさは秋の気配か夕ぐれか
このままですむ筈がなし柿を剥く
姉は姉里の我家に虫時雨

ピーナツを割れば夜更けの鳴き烏
吹きまくる風に負けじと花芒
結局は言われて気づく実南天

噛み締める房を数えて蜜柑食む
てるてる坊主富士を湖上に紅葉散る
湖畔より社へ昇る冬霊気

2016年12月24日 | カテゴリー :
› 続きを読む