新年【1月の兼題】発表

pic_a025

明けましておめでとう御座います。1月は新年です。季節の区分けでは冬ですが、俳句では1月のお正月の頃を新年としています。それでは2015年新年の1月の兼題です。

「初昔(はつむかし)」
新しい年の初めに旧年を振り返り、もう去年になったのだなァと感慨を表す言葉。古年、旧年、昨年、去年。

「葱(ねぎ)」
独特の香りと辛みがあり、日本料理には欠かせない。一般的に根深と称し葉(よう)鞘(しょう)の部分を地中深く作り、関西では葉葱と称し葉を長く作る。一文(ひとも)字(じ)、根深、葉葱。

例句

こころの火落として睡る初昔      鈴木鷹夫

夢の世に葱を作りて寂しさよ      永田耕衣

 

新年【1月の兼題】発表」への2件のフィードバック

  1. 兼題に気が付かず、当期雑詠で投句してしまいました。
    申し訳ありません。
    hiraiwa

    • 投句有難う御座います。次回2月の選句ページに載りますので、是非、選句もお願い致します。

コメントは受け付けていません。