松の内っていつのこと?!

【松の内っていつのこと?!】
 
おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
 ・
 ・
今日は成人の日ですね。
一月なので地方によっては
まだ松の内という所も多いです。
 ・
 ・
松の内と言えばお正月と考えている方
多いのではないでしょうか?

 ・
 ・
それは確かにそうなのですが
ところが意外や意外
松の内とは12月13日から始まるのです!
 ・
 ・
これは意外ですよね。
お正月のことかと考えていますよね。
ところが
松の内とはお正月飾りを飾る時期のことを言います。
 ・
 ・
お飾りがあるうちは松の内なんです。
松の内という意味はそもそも
「門松を飾っておく期間のこと」なのだそうです。
正確には
12月13日~1月7日
または1月15日までを言うのです。
 ・
 ・
なんと厳密にはそういう意味の言葉だったのですね。
松飾が飾られている間を「松の内」
と言うのが正しい訳です。
 ・
 ・
俳句ではさすがに年末から
松の内とは言いません。
やはりこれは本意とはまた別に
お正月の代名詞みたいなものでしょうか。
 ・
 ・
何時から飾るかは
人それぞれなので忙しい現代では
あまり考えずにいます。
それでも一夜飾りは良く無いとか
29日は縁起が悪いから28日が一番良いとか
さまざまに言われています。
 ・
 ・
どんな風習も時代と共に
少しずつ変化しながら
現代に受け継がれているようです。
 ・
 ・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
二度とない今日が、
あなたのための最良の一日でありますように!
     ・   
    ☆ ☆ ☆
いつも、いいね、コメント、シェア本当に有難うございます。
皆様からの沢山の励ましに心から感謝いたしま~~~す。
    ★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★「おしゃべりHAIKUの会」
http://uenotakako.com
 
★オンライン講座「俳句の旅」
https://haikubasyou.jimdo.com
 
★旅から学ぶ生きるための能力12
http://uenotakako.com/?p=69414
 
★おしゃべりHAIKUネット句会
http://uenotakako.com/?page_id=5091