【強い言葉を探そう!】

【強い言葉を探そう!】
おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
最近、何となく書いていた
自分の商品を告知する時の
所謂キャッチコピーの勉強が
どうしても必要不可欠に思えて
ある方の本を読ませて頂きました。
その本のなかでスゴク勉強になる
と感じた事があって
今回は、是非、皆さんに
その私が感動したキャッチコピーのお話を
少し書かせて頂きます。

 


兎に角、現代社会は自分ブランディングが
旨いかどうかで印象がかなり違いますよね。
私は私なりに好きにブランディングしているのですが
これがどうにも反響がつかめない
効果が不安
人の心をつかむコツは無い物かとその本を
手にしたのです。
そして、具体的な内容に
まずは目から鱗が落ちました!
そして、俳句作家としての
自分が今まで言葉に無頓着だったことに
気が付かされました。
「言葉の力」っていったい何か
いつも考えているのですが
つまりは心に訴えるものがあるかないか
ということが大切です。
そしてなにより勉強になったのは
言葉には
人の記憶に残る言葉と
何となく聞き流してしまう言葉
この二通りあるということです。
しかも
人の記憶に残る言葉とは
「強い言葉」なのです。
「強い言葉」って何だ?
と思いますよね。
これが何とビックリするほど解りやすく
具体的に説明されていました。
例えば
「高品質」という言葉があったら
それを「極上の」「プロ仕様」「魔法の」
などと云う言葉に変えてみたらどうでしょうか。
確かに印象が大分違います。
「高品質の万年筆」というと何となく固くて良くあるイメージです。
それを「極上の万年筆」「魔法の万年筆」というと
少し柔らかな上にインパクトがありますね。
こうして、人の記憶に残る言葉を
「強い言葉」というのです。
記憶に残るという事は
言葉に力があり
忘れてしまわない
強さがあるのです。
例えば
「お得」というより「お値打ち」
と言えば
強い言葉のイメージで
どんな商品かなんのことか気になります。
こんな風に
日常的に使っている言葉を
強い言葉に置き換えてみると
キャッチコピーにも
言葉の力が活かされるということですね。
俳句はとても短い言葉の世界です。
心に響く
エッセンスの効いた
強い言葉で
古臭いと言われるイメージを
グッとUPさせたいですね。
そんな、言葉磨きに
17文字の世界は絶対に役に立ちます!
日本人なら誰もが心に響く
素晴らしい強い言葉に出会えますよ。
リニューアル致しました
「オンライン俳句講座」
是非ともご覧ください。詳細は下記リンクより
★オンライン俳句講座の詳細はNBSアカデミーより
https://nbsacademy.jimdofree.com/
http://uenotakako.com/?p=62238