水芭蕉が呼んでいる!No3

【水芭蕉が呼んでいる!No3】

おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
今日は日曜日いかがお過ごしですか。

今日は3月3日の雛祭りです。
女の子がいるお宅では成長を祝う
お祝いでお忙しいことと存じます。

雛祭りには雛あられや菱餅を食べて
お白酒を飲みます。

このお白酒は甘酒ではないのですね。
これって案外ややこしく無いですか?

甘酒は、お酒の酒粕を
温めて飲みます。
では
お白酒さけは?
というと濁り酒で
濁酒などと同じなんです。
もろみざけなどとも呼ばれます。
ですから発酵させてあるのです。

どちらも子供には少し甘くて
この日にしか飲めない
特別なお酒でした。

そんなお雛様がすぎると
いよいよ春が来ますね。
梅、桃、桜
と各地で花が次々に咲き誇りますが
そんななかで
少し珍しい
日本一早く水芭蕉が咲く場所が
もうご存知の方もいると思いますが
山梨の秘境「藤垈の滝」です。

鬱蒼とした森の公園に
3月になると静かに
滝の音を聞きながら
一早く水芭蕉が咲き始めます。

これは日本国内では一番早いと言われていて
知る人ぞ知る公園なんです。

水芭蕉と言えば夏の花ですね。
尾瀬の水芭蕉が有名ですが
春から避暑地のような気分になれて
森林浴ができる空気の綺麗な
お滝の周りの自然公園では3月には
もう咲きはじめます。

そして近くには桃の花で有名な桃源郷があり
一年中花が美しく咲き
秋にはフルーツが美味しい葡萄の里勝沼もあります。

観光には最適ですね。これだけの公園が
未だに秘境というのは
どこか不思議な感じさえします。
この機会に
一早く水芭蕉を見に行きましょう。

最後に水芭蕉と言えば誰もが思い出す
あの歌「夏の思い出」をご紹介致します。
https://www.youtube.com/watch?v=MpEHcq1ImN4

夏がくれば 思い出す
はるかな尾瀬(おぜ) 遠い空
霧のなかに うかびくる
やさしい影 野の小径(こみち)
水芭蕉(みずばしょう)の花が 咲いている
夢見て咲いている水のほとり
石楠花(しゃくなげ)色に たそがれる
はるかな尾瀬 遠い空

夏がくれば 思い出す
はるかな尾瀬 野の旅よ
花のなかに そよそよと
ゆれゆれる 浮き島よ
水芭蕉の花が 匂っている
夢みて匂っている水のほとり
まなこつぶれば なつかしい
はるかな尾瀬 遠い空

【詳細】
日時:3月24日第四日曜日8時集合
場所:山梨県笛吹市「藤垈の滝」集合場所は渋谷セルリアンタワー前
会費:1万円(ご昼食付き)

2月現在予定の行程表
<行程表>
渋谷駅西口 セルリアンタワー前 集合
8:15出発 国道246号沿い~首都高・中央高速

談合坂SA 中央道休憩中央道観光9:35~9:50

藤垈の滝大窪いやしの杜公園笛吹市境川町大窪597-1 10:40~11:25

勝沼ぶどうの丘(天空の湯) 12:00 ~ 13:25

山廬文化振興会(飯田蛇笏記念館) 笛吹市境川町小黒坂270 14:15 ~ 14:55

みさか桃源郷公園  15:20~一般道車窓見学(見ごろには早いため)

談合坂SA16:05 16:20

渋谷駅西口 セルリアンタワー前 到着17:35
皆様のご参加をお待ちしていま~~~す。

 

FaceBookイベントページ
https://www.facebook.com/events/303032800377233/

詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://uenotakako.com/?p=62238

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※配信解除ご希望の方はこちら
https://www.agentmail.jp/form/delete/5795/