春の吟行会のお知らせ

【水芭蕉が呼んでいる!】

おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
今日は金曜日いかがお過ごしですか。

今年は桜の開花が例年よりも少し早いようですね。
そんな春も闌の頃に
日本一早く咲く水芭蕉を見に行きませんか。

水芭蕉と言えばどなたも思い出すのが
あの歌「夏の思い出」ですね。

夏がくれば 思い出す
はるかな尾瀬(おぜ) 遠い空
霧のなかに うかびくる
やさしい影 野の小径(こみち)
水芭蕉(みずばしょう)の花が 咲いている
夢見て咲いている水のほとり
石楠花(しゃくなげ)色に たそがれる
はるかな尾瀬 遠い空

夏がくれば 思い出す
はるかな尾瀬 野の旅よ
花のなかに そよそよと
ゆれゆれる 浮き島よ
水芭蕉の花が 匂っている
夢みて匂っている水のほとり
まなこつぶれば なつかしい
はるかな尾瀬 遠い空

まだ小さな子供の頃合唱したことを
懐かしく思いだされることでしょう。

水芭蕉の花が夢見顔で良い匂いを漂わせながら
しずかに咲いている姿がこの歌から思い浮かびますね。

水芭蕉の花は、どこか整然と雪解けとともに
高原の目覚めを知らせてくれる
そんなイメージの花です。
白く柔らかいお布団にくるまった
赤ちゃんのような水芭蕉

そんな水芭蕉が、いち早く
何と3月には見頃となる場所があるのです!!!

まだまだ秘境と言われている
山梨県笛吹市の「藤垈の滝」という森の中に
日本一早く咲く水芭蕉の群生があるのです。

この地にゆかりのある上野貴子が
このことを知り
是非、満開の頃に見に行きたいとの
たっての願いが今回叶い
春の吟行会となりました。

文化人ともゆかりが深く
飯田蛇笏、龍太の里として記念館「山盧」
が建てられています。
御存知の方も多いかと思います。

水芭蕉の森としてはまだまだ秘境ですが
桃の里桃源郷の奥にあるので
観光化が徐々に進んでいます。

今年は誰よりも早く水芭蕉を見て
いち早く避暑地気分を味わいましょう。(*^-^*)☆彡

是非、ご一緒に知られざる秘境に水芭蕉を見にゆきましょう。
https://www.facebook.com/events/303032800377233/

詳しくはこちらのページをご覧ください。

2019年春の吟行会決まりました!