2019年・祝三日

【祝三が日!!!】

お正月三日おめでとうございます。
俳句作家の上野貴子です。

今日はお正月の三日ですね。
お仕事の忙しいお父様方は
今日でもうお正月が終る方もいらっしゃいますよね。

この頃ではお正月三日間しか休まないという方は
案外少ないのかも知れません。

高度成長時代の昭和のバブル期には
そなん忙しいお正月が当たり前で
お正月と言えば
今日までの三が日を言うくらいでした。

ところがこの頃は
お正月の捉え方も多種多様で
三が日を言う場合
松の内を言う場合
関東関西で違う場合
小正月までを言う場合
一月中を言う場合
寒までを言う場合
などなど

本当にさまざまな捉え方がありますね。
お正月という言葉ひとつを取ってみても
これだけ時代と共に変化して
地域によって様々です。

そんな日本の生活の一齣や
各地の風物詩に
懐かしく親しむことで
人は心が癒されて
新たな元気がわいて来ます。

そこで、俳句は面白いものです。
日本特有の韻文のひとつですが
17文字という短い世界のもので
それこそ文法も文章の良し悪しも
まったく解りません。
文章には到底はめ込めない不思議なものです。

そのためでしょうか
このごろでは
脳の刺激になり
アンチエイジング効果があるとさえ
言われ始めているんです。

皆さんも文章を上手く書こう
なんて考えるよりも
俳句を詠んだほうがずっと
文章力が付くかもしれませんね。