俳句界11月号「実力作家代表句競泳」掲載

i2e5rsbcr2n2_074c735417ffd4c6b6e95c1132b64c7ce4a0a5b0_250

俳句界11月号「実力作家代表句競泳」に掲載されました6句をご紹介。

野苺の花

春雷に騙されたくて一人きり

つまずけば野苺の花手のひらに

ふらここに今年幾つの子の声か

知らずして忘れてならぬ夏がある

親鹿を真似て子鹿の草むしり

初夢の記憶の眠るDNA

 

 

11291387

121094091711716418312dsc0371252ab9e585dcc94c0e72727d3066c6c15