【月末定例テレビ句会】ライブ配信出来ました!

4月月末定例句会 投句一覧

 1 働いた後の満足朝寝坊          伊藤はな
 2 塗りたての壁のペンキに風光る
 3 絵手紙の中は狭しと鰆来る
 4 てのひらをポンと叩いて木の芽盛る
 5 色溢れ匂ひ零して花の路

 6 点昨年の吟行想う光る風         土橋みゆき
 7 テレワーク出窓の向こう風光り
 8 テレワークすっぴんジャージ朝寝して
 9 マスク待つ距離の目安か花水木
 10 誕生日カードに添える春マスク

 11 身動ぎもせず朝寝した朝の雪       山本佐和子
 12 大朝寝近所の犬に起こされる
 13 芭蕉には旅の栖や風光る
 14 風光る子ら一丸の川遊び
 15 ゆく時はスローモーション花筏

 16 しゃぼん玉七色まわす人の息       楠田玲子
 17 ステイホームあちこち磨き光る風
 18 遅桜ホンネ出てくる散歩道
 19 枝の揺れ葉先受け継ぐ新樹光 
 20 夏近しふんわふんわの牛乳パン

 21 風光る都市に閉鎖の危機迫る        上野貴子
 22 感染症まだまだ止まず花吹雪
 23 厨房の朝が灯ればたかんな煮
 24 朝寝して雀の声か宿探し
 25 休業の貼り紙増える満天星

 26ベランダの鉢の隙間を風光る         高橋みよ子
 27幸福(しあわせ)が流れ溢れる朝寝なり
 28朝寝する時の流れは雲の中
 29花過ぎに咲く奥庭の白帽子
 30八重桜散りを待ち蒔く花の種

 31朝寝して夢の余韻に浸りけり         斉藤勝也
 32風光る不安な気持ち忘れ逝く
 33散歩道足跡残すなごり雪
 34淡雪や人恋しさの夢一夜
 35陽炎や都会の砂漠映し出す

4月テレビ句会・点盛りの結果

上野貴子 特選

絵手紙の中は狭しと鰆来る   伊藤はな 
誕生日カードに添える春マスク 土橋みゆき 
夏近しふんわふんわの牛乳パン 楠田玲子
ベランダの鉢の隙間を風光る  高橋みよこ
朝寝する時の流れは雲の中   高橋みよこ

5点句

夏近しふんわふんわの牛乳パン  楠田玲子

4点句

誕生日カードに添える春マスク  土橋みゆき

3点句

絵手紙の中は狭しと鰆来る    伊藤はな
朝寝する時の流れは雲の中    高橋みよこ

2点句 

遅桜ホンネ出てくる散歩道    楠田玲子
厨房の朝が灯ればたかんな煮   上野貴子
休業の貼り紙増える満点星    上野貴子
ベランダの鉢の隙間を風光る   高橋みよこ

1点句

塗りたての壁のペンキに風光る  伊藤はな
手のひらをポンと叩いて木の芽盛る 伊藤はな
昨年の吟行想う光る風     土橋みゆき
ゆく時はスローモーション花筏 山本佐和子
幸せが流れ溢れる朝寝なり   高橋みよこ
八重桜散りを待ち蒔く花の種  高橋みよこ

2020年4月27日 | カテゴリー : 俳句 | 投稿者 : takako

2週間前どうしていたのか?!?

【2週間前どうしていたのか?!?】
おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
  ・
  ・
今週はゴールデンウイークに突入します!
新型コロナウイルス感染拡大防止の
最大の山場ですね。
このGW明けの5月6日までが
緊急事態宣言期間です!
この間にどのくらい感染を食い止められるのかが
今後への正念場です。

続きを読む

これからTVドラマまでどうなるの?!?

【これからTVドラマまでどうなるの?!?】
おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
  ・
  ・
4月も半ばを過ぎましたね。
新型コロナウイルスのために
緊急事態宣言が出されて
何と大河ドラマの収録まで延期されて
はや20日です。
この後はこの長丁場のツケが
どうなる事やら怖いほどです!

続きを読む

【お茶会テレビ句会】無事終了

2020年4月19日日曜日15時~
【お茶会テレビ句会】

緊急事態宣言発令に伴いまして句会がテレビ句会となりました。
集まれないことは残念ですが、コミュニケーションが取れるテレビ会議のツールを使いまして
ライブで句会をご覧頂きました。

お茶会参加俳句一覧

天野純平
 1花冷えにコロナの災禍極まれり
 2コロナにも変らず映す花筏
 3幼子はコロナに負けず鞦韆漕ぐ

斉藤勝也
 4千鳥足転んだ先の朧月
 5桜散り憂いに満ちる大仏よ
 6桜散る人の命の儚さよ

ハッピィ丸山
 7散る桜思い出すなり失恋日

森 睦美

 8散る桜ともに燃やすぞ溢れる脂肪  

折田安紀
 9散る桜夜桜散歩と夫婦愛    

米谷 学
 10人会えず 憎むはコロナ 名残り雨 

村井 康一
 11スギ花粉 鼻がムズムズ かゆいのよ

楠田玲子
 12春の雨まずは針箱ひっくり返す
 13鼻歌にはさんで返事山笑う
 14山笑うナイフフォークで指揮する子
 15パリンパリン鼓膜よろこぶサクランボ
 16春眠し悪夢は笑いながら話す

伊藤はな
 17石鹸玉吹いてウイルス吹つ飛ばす
 18ホップコーン弾けるやうな四月馬鹿
 19夜の桜生きているかに息をする
 20母の日の母に供ふる般若湯
 21金髪に染めて闊歩よ初夏の風

ひぐらし
    学び舎は桜蘂降るばかりなり
    うすみどりして菩提寺の八重桜
   葉桜や篠突く雨の昼下り
 22うすみどりして菩提寺の八重桜

山本佐和子
 23母の日も働きたがる母の癖

上野貴子:判者
 ベンチには誰も来てない花の池
 隧道を一つ潜れば花の里
 花の蘂散らす自粛の雨染みる

【俳句相撲(句合せ)】

番付け 一番

 1 × 4  勝句 1 
 2 × 5     5   
 3 × 6     3
 7 × 8     7  
 9 × ⒑     9

 ⒒ × ⒓     ⒓
 ⒔ × ⒘     ⒘
 ⒕ × ⒙     ⒕    
 ⒚ × ⒖     ⒚
 ⒗ × ⒛     ⒗

番付け 二番

 1 × 5  勝句 5 
 3 × 7     3   
 9 × ⒓     9
 ⒘ × ⒕     ⒘     
 ⒚ × ⒗     ⒚ 

番付け 三番 

 5 × ⒚  勝句 5 
 3 × ⒘     ⒘           
 21 × 9     9
 23 × 22     23

番付け 四番

 5 × ⒘  勝句 ⒘ 
 9 × 23     9   

番付け 五番
 9 × ⒘     ⒘

★優勝
17:石鹸玉吹いてウイルス吹つ飛ばす    伊藤はな

https://youtu.be/F88F5B2upWc
2020年4月19日 | カテゴリー : 俳句 | 投稿者 : takako

『俳句』角川4月号に掲載!

2020年4月号「俳句」角川に掲載されました!

今年は早春の梅の頃の新作ですが、あの頃にはまだこんなにもパンデミックな怖ろしいウイルスだとは考えてもいませんでした!

勿論、新型コロナウイルスが広がり始めてはいましたから、どこか不安な毎日の中での作品です。

2020・梅の頃に

 尖っていたのかな青春の頃
 早梅の風にじっとはしてられず
 さよならが言えればきっとまた会える
 梅が香の便りは今も優しくて
 梅は莟白いか赤いか開くまで
 梅咲けばいつも別れの予感して
 気負わない人生もある梅見酒

 今年の早春の頃の作品です。令和初の梅には何か特別な香りを感じました。この後の1ヶ月で、世界中がここまでパニック状態に陥るとはまったく考えてもいなかった、甘い自分を反省しています。

さまざまのこと思ひ出す桜かな?!?

【さまざまのこと思ひ出す桜かな?!?】
おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
  ・
  ・
今年は四月も半ばを過ぎました。
このままではゴールデンウイークの頃まで
何でも自粛ムードが拭い去れない
そんな信じられない事態です!

続きを読む

俳句TVNo217「エンジョイ俳句ライフ」

2020年4月8日上野貴子の俳句TVNo217「エンジョイ俳句ライフ」第4回
無事終了!

3月のネット句会の結果発表
ミニ講座第四章「俳句らしさ」

5月の兼題(4月30日〆切)
「初夏」「母の日」

 

 

2020年4月8日 | カテゴリー : 俳句 | 投稿者 : takako