俳句575第二回「切れ字って何」

俳句575第二回「切れ字って何」(2016/11/26)

今回も松尾芭蕉の「奥の細道」に詠まれている俳句を例にあげて考えてみたいと思います。この中には同行した蕉門曾良の5句が含まれています。

まず前記にあります俳句六十二句の内で、代表的な切れ字の「や」がどのくらいあるかを調べてみました。ここでは、二十九句、約半数近くの句に、「や」という切れ字を使っています。

それでは、逆に切れ字と言われるもの十八ありますが、どれも使っていないと思われる句は、というと、十三句もあり、これは約五分の一の割合です。

「や」の他には「かな」が八句。以外なことに「けり」がありません。少し面白い結果です。芭蕉は「奥の細道」の中では、今では代表的な切れ字と言われる「けり」をほとんど使っていないのです。

この切れ字に関しては、現代までのあいだに作句の方法として実作にもとづいて確立されてきていますので、芭蕉は、「けり」をほとんど使わずに、大半は「や」を使っていたことが解ります。

切れ字の効果として、一つ使うと良いといいます。例句でもすでにほとんどがそのようです。

では、代表的な切れ字と言われている「や」「かな」「けり」をもう少し細かく見てみましょう。

●まずは「や」です。ここで芭蕉は、多くの句にこの「や」を使っています。かなり好んで使用していた訳で、なにか理由を考えてみました。すると、どうやら、「や」は感嘆の助詞として、どこにでも使える便利な言葉のようです。上五に使い語調を整えたり、中七で言葉を強調させて際立たせてみたり、そして下五で感嘆の終止を響かせるというように、575のどこのフレーズにも使えます。

●ところが「かな」はどうでしょうか。芭蕉は「かな」は最後の止めに使っています。これは「かな」が終止を表す終助詞であるためです。このフレーズで意味が終るということです。まさしく切れ字なのです。

●そして、芭蕉が嫌いひとつも出てこない「けり」は、過去を表す助詞なので、芭蕉は旅の俳人と言われていて、紀行文のなかに俳句が詠み込まれています。ですから、その土地土地のその旅での句を詠むのに適さなかったに違いありません。

このように現代でもよく作句のコツとして「や」「かな」「けり」は、切れ字の代表とされていますが、どうやら「奥の細道」を見ても「去来抄」に残されているように、芭蕉は切れ字には、あまりこだわっていなかったようです。

現代でも実作の現場では、あまりこだわらずに名詞止めや動詞の活用のしかたで、それぞれの句をまとめています。

やはり切れ字というよりも俳句の575の言葉の切れが美しい調べを整えていて、意味の分かる句にまとめられているかどうかが肝心です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「奥の細道」より
1草の戸も住み替る代ぞひなの家
季語   ひなの家
切れ字  ぞ

① 2行春や鳥啼魚の目は泪
季語   春
切れ字  や

1●3あらとうと青葉若葉の日の光
季語   青葉 若葉
切れ字

2●4剃捨て黒髪山に衣更・・・・・曾良
季語   衣更
切れ字

② 5暫時は滝に籠るや夏の初
季語   夏
切れ字  や

3●6かさねとは八重撫子の名成べし・・・・・曾良
季語   撫子
切れ字 (「べし」助動詞終止形。命令形や形容詞の活用などの切字か?)

7夏山に足駄を拝む首途哉
季語   夏山
切れ字  哉

8木啄も庵はやぶらず夏木立
季語   夏木立
切れ字  ず

9野を横に馬牽むけよほとゝぎす
季語   ほととぎす
切れ字  よ

10田一枚植て立去る柳かな
季語   柳
切れ字  かな

11卯の花をかざしに関の晴着かな・・・・・曾良
季語   卯の花
切れ字  かな

③ 12風流の初やおくの田植うた
季語   田植
切れ字  や

④ 13世の人の見付ぬ花や軒の栗
季語   栗の花
切れ字  や

⑤ 14早苗とる手もとや昔しのぶ摺
季語   早苗
切れ字  や

15笈も太刀も五月にかざれ帋(かみ)幟(のぼり)
季語   五月
切れ字  れ

4●16笠島はいづこさ月のぬかり道
季語   さ月
切れ字

17桜より松は二木を三月越シ
季語   桜
切れ字  し(「越す」自動詞連用形。命令形や形容詞の活用などの切字か?)

5●18あやめ草足に結(むすば)ん草鞋の緒
季語   あやめ草
切れ字

⑥ 19松島や鶴に身をかれほとゝぎす・・・・・曾良
季語   ほとゝぎす
切れ字  や

⑦ 20夏草や兵どもが夢の跡
季語   夏草
切れ字  や

21卯の花に兼房みゆる白毛かな・・・・・・曾良
季語   卯の花
切れ字  かな

⑧ 22五月雨の降のこしてや光堂
季語   五月雨
切れ字  や

6●23蚤虱馬の尿する枕もと
季語   蚤虱
切れ字

24涼しさを我宿にしてねまる也
季語   涼し
切れ字  也

25這出よかひやが下のひきの声
季語   ひき
切れ字  よ

7●26まゆはきを俤(おもかげ)にして紅粉の花
季語   紅の花
切れ字

27蚕飼する人は古代のすがた哉・・・・・・曾良
季語   蚕養
切れ字  哉

⑨ 28閑さや岩にしみ入蝉の声
季語   蝉の声
切れ字  や

29五月雨をあつめて早し最上川
季語   五月雨
切れ字  し

⑩ 30有難や雪をかほらす南谷
季語   雪(ゆきかほるで夏か?)
切れ字  や

⑪ 31涼しさやほの三か月の羽黒山
季語   涼し
切れ字  や

8●32雲の峰幾つ崩て月の山
季語   雲の峰
切れ字

33語られぬ湯殿にぬらす袂かな
季語
切れ字  かな

34湯殿山銭ふむ道の泪かな・・・・・・・・曾良
季語
切れ字  かな

⑫ 35あつみ山や吹浦かけて夕すゞみ
季語   夕すゞみ
切れ字  や

9●36暑き日を海にいれたり最上川
季語   暑き日
切れ字

⑬ 37象潟(きさかた)や雨に西施がねぶの花
季語   ねぶの花
切れ字  や

⑭ 38汐越や鶴はぎぬれて海涼し
季語   涼し
切れ字  や

⑮ 39象潟や料理何くふ神祭・・・・・・・・・曾良
季語   祭
切れ字  や

⑯ 40蜑(あま)の家(や)や戸板を敷て夕涼・・・・・・・・低耳(みのの国の商人)
季語   夕涼
切れ字  や

⑰ 41波こえぬ契ありてやみさごの巣・・・・・曾良
季語   (みさごの巣で夏か?)
切れ字  や

⑱ 42文月や六日も常の夜には似ず
季語   文月
切れ字  や

⑲ 43荒海や佐渡によこたふ天河
季語   天河
切れ字  や

10●44一家に遊女もねたり萩と月
季語   萩と月
切れ字

⑳ 45わせの香や分入右は有磯海
季語   わせ
切れ字  や

46塚も動け我泣声は秋の風
季語   秋の風
切れ字  け

㉑47秋涼し手毎にむけや瓜茄子
季語   秋涼し
切れ字  や

11●48あか〱と日は難面(つれなく)もあきの風
季語   あきの風
切れ字

㉒49しほらしき名や小松吹萩すゝき
季語   萩すゝき
切れ字  や

12●50むざんやな甲(かぶと)の下のきり〲す
季語   きりぎりす
切れ字

51石山の石より白し秋の風
季語   秋の風
切れ字  し

㉓52山中や菊はたおらぬ湯の匂
季語   菊
切れ字  や

13●53行〱てたふれ伏とも萩の原・・・・・・曾良
季語   萩
切れ字

㉔54今日よりや書付消さん笠の露
季語   露
切れ字  や

㉕55終宵(よもすがら)秋風聞やうらの山
季語   秋風
切れ字  や

㉖56庭掃きて出ばや寺に散柳
季語   散柳
切れ字  や

57物書て扇引さく余波(なごり)哉
季語   扇
切れ字  哉

58月清し遊行のもてる砂の上
季語   月
切れ字  し

㉗59名月や北国(ほくこく)日和(びより)定なき
季語   名月
切れ字  や

㉘60寂しさや須磨にかちたる浜の秋
季語   浜の秋
切れ字  や

㉙61浪の間や小貝にまじる萩の塵
季語   萩の塵
切れ字  や

62蛤のふたみにわかれ行秋ぞ
季語   行秋
切れ字  ぞ

○ナンバー表示:切れ字「や」の数が二十九句もある。
●ナンバー表示:切れ字が無いと思われる十三句。(17の句は疑問だが?)
切れ字「けり」はほとんど無いと思われる。
切れ字「かな」は八句。