2020春からの新刊掲載紹介!

2020年は早春の頃から大変な年となりました。

新型コロナウイルスの感染拡大との戦がこんなにも長丁場となるとはだれが想像出来たでしょうか。パンデミックの終息が待たれます。

そんな中で春から今年は新刊への掲載が続いています。

新春号に続き「百花」No2が文芸書房より出版されました。これは文芸誌のアンソロジーです。

そして、角川「俳句」月刊誌の4月号には7句新作が掲載と相次ぐ新作の掲載にとても喜んでおります。

★詳細はこちら
https://shortpoemcollection.jimdofree.com/インフォメーション/トピックス/2020新刊情報/

2週間前どうしていたのか?!?

【2週間前どうしていたのか?!?】
おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
  ・
  ・
今週はゴールデンウイークに突入します!
新型コロナウイルス感染拡大防止の
最大の山場ですね。
このGW明けの5月6日までが
緊急事態宣言期間です!
この間にどのくらい感染を食い止められるのかが
今後への正念場です。

続きを読む

これからTVドラマまでどうなるの?!?

【これからTVドラマまでどうなるの?!?】
おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
  ・
  ・
4月も半ばを過ぎましたね。
新型コロナウイルスのために
緊急事態宣言が出されて
何と大河ドラマの収録まで延期されて
はや20日です。
この後はこの長丁場のツケが
どうなる事やら怖いほどです!

続きを読む

『俳句』角川4月号に掲載!

2020年4月号「俳句」角川に掲載されました!

今年は早春の梅の頃の新作ですが、あの頃にはまだこんなにもパンデミックな怖ろしいウイルスだとは考えてもいませんでした!

勿論、新型コロナウイルスが広がり始めてはいましたから、どこか不安な毎日の中での作品です。

2020・梅の頃に

 尖っていたのかな青春の頃
 早梅の風にじっとはしてられず
 さよならが言えればきっとまた会える
 梅が香の便りは今も優しくて
 梅は莟白いか赤いか開くまで
 梅咲けばいつも別れの予感して
 気負わない人生もある梅見酒

 今年の早春の頃の作品です。令和初の梅には何か特別な香りを感じました。この後の1ヶ月で、世界中がここまでパニック状態に陥るとはまったく考えてもいなかった、甘い自分を反省しています。

さまざまのこと思ひ出す桜かな?!?

【さまざまのこと思ひ出す桜かな?!?】
おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
  ・
  ・
今年は四月も半ばを過ぎました。
このままではゴールデンウイークの頃まで
何でも自粛ムードが拭い去れない
そんな信じられない事態です!

続きを読む

ウイルスっていったい何?!?

【ウイルスっていったい何?!?】
おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
  ・
  ・
桜の季節ですね。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で
大変な自粛ムードの一か月でしたが
お元気で過ごされましたか。
こんなことがあるなんて考えもしない事態ですね。

続きを読む

一寸の虫にも五分の魂!!!

【一寸の虫にも五分の魂!!!】
おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
  ・
  ・
もう春だというのに
今年は新型コロナウイルスに
ここまで悩まされるとは
世界中の人が考えてもいなかった
怖ろしいことですね。
こんな不思議なウイルスが毎年のように
まん延してはなんだか明日は我が身か?!
だれでもが心配な時代です。

続きを読む