2018・4・11「ネット句会の予習復習」添削ありのライブ配信終了しました。

2018年4月11日「ネット句会の予習復習」添削ありのライブ配信終了しました。

FaceBookページからのライブ配信が無事に終了。

今回は3月のネット句会の結果発表。

点盛りの結果とピックアップした句の添削。

あっという間の1時間でした。

今月4月の兼題は「花疲れ」「風車」

ネット句会への投句お待ちしておりま~~~す。

 

2018・春の新作発表

2018年・春

淡雪(現代俳句協会誌特別作品)

春早く生きものたちの地に目覚め

ホオジロかウグイスなのか梅の鳥

いつの間におなじく鳴いて谷渡り

名残り雪子猫の帰る道が無く

雪うさぎ真っ赤な目をしてまだ溶けず

町を背に追えば春星またたく間

淡雪に終わらない夢を咲かせて

何もかも忘れたくなる春あらた

聞こえないふりをしている黄水仙

梅の枝がいつもと別の方を指し

 

小さな芽(東京都区現代俳句協会35周年記念句集)

角出せば春がはじまる小さな芽

ものの芽にいつもこの後雨が降る

時々シャーペンの芯替える菜種梅雨

考えて考えあぐね蜃気楼

プリズムの中小走りにぺんぺん草

編みかけた草の冠白詰草

幼馴染みんな一緒でさくら草

隠れん坊いつしか忘れ春ショール

たんぼぼの丘までとどく浜の風

永遠と夜空へ記す花こぶし

咲けば散る人は花待ち友を待つ

姉のあと妹がはしる花の下

 

2018縁起物のお節10種

迎春

あけましておめでとうございます。2018年お正月を迎えまして、今年も美味しいお節の話題です。

誰でもお正月と言えば家族で美味しいお節を食べて祝うことが何よりの幸せですね。

そんなお節料理は、そのご家庭ごとにさまざまなお好みの味がありますが、ここでは、先ずはお節料理にまつわるそれぞれの謂れや意味をご紹介致します。

沢山ありますので、その中から10種の代表的なあ節についてご紹介。

1 海老・・・長生き

腰が曲がるまで健康でいられますようにとの願いから来ています。

2 栗きんとん・・・金運・財運

黄金色を財宝に例え、豊かな一年になることを願います。

3 黒豆・・・無病息災

まじめに働き、豆に暮らせますようにと願います。

4 昆布巻き・・・喜ぶ

よろこぶの語呂合わせから、よろこびやめでたいことが広がるようにとの願い。

5 田作り・・・五穀豊穣

小魚を田畑の肥料としていたため、豊作を願います。

6 たたき牛蒡・・・無病息災

地に真っ直ぐに根を伸ばすため牛蒡は縁起が良いとされ、豊年と無病息災を願います。

7 数の子・・・子孫繁栄

子だくさんの鰊から、子孫繁栄を願います。

8 紅白なます・・・平安

お祝いの水引から赤と白で平穏無事を祝います。

9 鯛・・・めでたい

語呂合わせからめでたいとして祝います。

10 伊達巻・・・学問成就

巻物に似た形から、文化・教養の成就を願います。

こんな風に、簡単に10種上げただけでも、忘れていることが多いですよね。何となく食べていますが、それぞれに長い日本の風習からの人々の願いが込められていることを知るのも、また面白いものです。

(2018・1・1)

2018年角川俳句年鑑「おしゃべりHAIKUの会」掲載!

2018年度の角川俳句年鑑に会のメンバー9名と掲載されました。

全国結社・俳誌・・・一年の動向にて

角川2018年版俳句年鑑「おしゃべりHAIKUの会」紹介

掲載句

菜の花のかき起こされて忘れ雨   上野貴子

生きること許されており終戦忌  土橋みゆき

五月闇音のこもれるハイヒール   小南彩乃

音を外す道化のヴィオラ秋の声  山本佐和子

扇子から若き風燃ゆ将棋盤    齋田友紀子

初デート浴衣の柄は赤金魚     小林美穂

弟に兄背を越され子どもの日    辻 雅宏

林檎来る津軽の風を閉じ込めて   広田洋一

孫の肩蝶がとまって皆が湧く    竹内秀夫

2017年12月25日 | カテゴリー : 俳句, 新情報 | 投稿者 : takako

芭蕉が詠んだ「年の暮」

松尾芭蕉の俳句の旅をもとに公開しております俳句の旅ブログでは、

芭蕉の詠んだ年末の句として「年の暮」の句を採り上げております。

芭蕉は約1000句余りの句を生涯に残したと言われていますが、その中から年の暮の句は約13句ほどありました。

多くの句の中から探した「年の暮」を詠んだ句はそう多くはない方で、あまり多い季題ではないようです。

旅に病んで夢は枯野を駆けめぐる・・・芭蕉

この句が年末の差し迫った冬詠んだ句としては一番有名ですが、「枯野」という季題は冬ですが、年末とは限らない季語ですね。そこで、今回は年の瀬にふさわしい季語「年の暮」の句を探してみました。

上野貴子の俳句の旅ブログをご覧ください。

芭蕉の詠んだ年末の句

 

 

電子書籍「ごめんね」発売開始!

Amazonから電子書籍にてショートポエムコレクションの新刊発売!

上野貴子の最新作が綴られています。

一齣一齣を丁寧にまとめた世界で一番短いと言われるショートポエムです。じっくりとご鑑賞下さい。

ご購入はこちらから
http://amzn.asia/9U88cel

[はじめに]より

このコレクションは上野貴子の近年のショートポエムを抄ごとにまとめました。

日常の生活からにじみ出る21世紀の日本の今を自身の感性で世界で最も短いと言われるショートポエムに綴ります。

新たな時代の流れを、ささやかな日常生活や日本の風土や変化の豊かな自然から感じとって頂けたら幸いとの思いからまとめました。

[もくじ]

秋風
路草
等々力渓谷
薔薇
さくら
菜の花
紋白蝶
人参
大空
虫の屋根
銀座画廊
七夕
牡丹苑
春うらら
新年
根深汁
島の宿
泣き虫
秋の七草
夏の夜
白雨
新緑の鎌倉
枇杷の実
春ショール
お正月
冬りんご
ハローウィン
爽やか
盆参り
夏の空
ラララ

2017年冬の最新作です。

小春日

11月になるとすぐに立冬がきますが、この頃にはよく春のようなうららかなお天気の日があります。

まるで春が来たかのように感じるところから「小春日」「小春日和」よいいますね。

また、朝晩に時雨が霧雨の様に降ったりやんだりします。そんなところからも六月頃のようなので「小六月」ともいいます。

秋晴れの爽やかさよりも少し風が北から吹いてきてうららかな中に枯れてゆく寂しさを感じますね。

それでもぽかぽかと暖かな小春日には炬燵で昼寝をしてしまいそうです。

 

小春日の小猫の欠伸ついうつり・・・貴子

(2017・11・22)

 

 

2017年9月・秋の七草

秋の七草の季節ですね。

秋はそこはかとなく寂し気で野山の草花が美しく哀れを誘います。

七草あげてみましょう。

萩、尾花、撫子、葛の花、女郎花、藤袴、桔梗

桔梗は昔は朝顔だったと言われますね。

秋の七草を俳句に詠んでみました。

萩の花分け入り拝む鎌倉路
雲はやくどこまでゆくの花芒
撫子の小さな小犬見つめてる
藤袴背高のっぽの谷の淵
葛の花甘く香るは土手の下
女郎花夕陽に染まり暮れなずむ
色紙の一枚弾く花桔梗

どれも風流で秋らしいです。

(2017・9・2)

 

8月の俳句講座



8月9日第二水曜日は夜8時からuenotakakoの俳句TVがあります。今週は「俳句講座」で~す。



8月から俳句TVの番組構成がリニューアル致しました。



それに伴いまして毎月第二水曜日は「俳句講座」となります。



俳句講座では、二部構成の放送予定です。
前半30分は俳句レッスン
後半30分は俳句検定問題解説



★★★

私達は言語を使い普段なにげなく暮らしていますが、日本に伝わる生活の知恵や、面白い風習は、さまざまな言葉を通して俳句のみに留まらず、沢山の心の絆をつなげ予想も出来ない未来への不思議や発見へと導いてくれます。

★今月のテーマ「朝顔」のお話なども含めて、今週も盛りだくさんでお届け致しま~~~す。



※uenotakakoの俳句TVは今回でライブ開始より168回目の放送となります。今回は書斎のインターネットからのライブ配信です。手軽にできるネットテレビのライブ放送で~~~す。お楽しみに!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

8月の予定

第一週  マンスリーWebニュース 
          今月の一冊「はじめての575俳句・川柳」上野貴子・江畑哲男監修
        
第二週  俳句講座
      俳句のレッスン&俳句検定問題解説

第三週  ネット句会の予習復習
      ネット句会の結果をもとに添削指導
      
第四週  俳句の旅
      俳句日記&ミニエッセイ
      芭蕉の旅から



※月曜日の番組案内メールはホームページブログでの投稿告知となります。

過去番組の録画はこちらから
https://www.youtube.com/channel/UCxvCKp1aE7_pAWNsjr_czQQ

8・19俳句記念日大会&和文化祭りお申込みはこちら
http://ae-ne.com/c/haiku/entry/e/mku7Cix56RPsSXbM/


8月マンスリーWebニュース

8月から俳句TV配信メニューがリニューアル致します。


今週8月2日から毎週水曜日夜8時からuenotakakoの俳句TVライブ放送となります。
今週の番組名は「マンスリーWebニュース」と、これまでの第一週と変わりません。


水曜日放送にもどりましてのまず始めの俳句TVでは「今月の一冊コーナー」でお勧め本をご紹介致します。


今月のお勧め本は「はじめての575俳句・川柳」です。


この本は、上野貴子自身の俳句と江畑哲男先生の川柳とのコラボレーションです。
川柳の世界はやはり楽しくて面白いですね。違いがわかる本ですのでその辺をご紹介したいと思います。


そして、今週のWebニュースのピックアップ。
毎日難しいニュースが多いご時世ですが、俳句TVならではのピックアップをお届け致します。


8月から俳句TVは以前の水曜日配信に戻ります。
ライブ放送ですのでドキドキワクワクです。
配信時間はやはり1時間とたっぷり落ち着いた生番組作りを目指して参ります。
これからも「俳句TV」を宜しくお願い致します。



★★★

私達は言語を使い普段なにげなく暮らしていますが、日本に伝わる生活の知恵や、面白い風習は、さまざまな言葉を通して俳句のみに留まらず、沢山の心の絆をつなげ予想も出来ない未来への不思議や発見へと導いてくれます。


★今月のテーマは「朝顔」
 俳句TVでは一ヶ月を通して番組に今月のテーマを決めさせて頂いております。
 毎週それぞれの番組構成のなかで、そのテーマを交えたお話を致します。
 幅広い分野での面白い豆知識になります。


※uenotakakoの俳句TVは今回でライブ開始より167回目の放送となります。書斎のインターネットからのライブ配信です。手軽にできるネットテレビのライブ放送で~~~す。お楽しみに!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

8月の予定

第一週  マンスリーWebニュース 
          今月の一冊「はじめての575俳句・川柳」上野貴子・江畑哲男監修
        
第二週  俳句講座
      俳句のレッスン&俳句検定問題解説

第三週  ネット句会の予習復習
      ネット句会の結果をもとに添削指導
      
第四週  俳句の旅
      俳句日記&ミニエッセイ
      芭蕉の旅から


※月曜日の番組案内メールはホームページブログでの投稿告知となります。
http://uenotakako.com

過去番組の録画はこちらから
https://www.youtube.com/channel/UCxvCKp1aE7_pAWNsjr_czQQ

8・19俳句記念日大会&和文化祭りお申込みはこちら
http://ae-ne.com/c/haiku/entry/e/mku7Cix56RPsSXbM/