2017今月の草花

3月  桃

桃淡く富士の裾野の風が染め

 

【菜種梅雨】

菜の花が咲く頃の長雨を菜種梅雨といいます。菜の花はアブラナの花のことですね。春になると各地で良く見かけます。
日本では菜種油を取るために盛んに栽培されています。菜種油は食用、灯火用、工業用と用途も多くかなりの生産量のようです。少し古い資料ですが2009年の全世界における植物油の生産量は、パーム油・大豆油・菜種油・ひまわり油の順で、世界でも3番目となっています。日本では菜種油が食用油の全生産量の六割を占めています。半分以上が菜種油なんですね。こうしてみるとサラダ油といわれて売っている植物性の食用油は、殆どが菜種油だといってもいいでしょう。
やはり日本人の早春の心象風景には菜の花が付き物ですから、間違いなくどこの田舎でも菜の花は春の風物詩ですね。
そして、その菜の花が咲くころのなると、風はきたから東に移り、お彼岸のころになると昼が少しずつ長くなりはじめ、一雨ごとに暖かくなります。
そんな、春に降り続く雨を菜種梅雨と呼んでいます。梅雨と言えば今の六月頃ですね。これは、読んで字のごとく梅の実の生るころの長雨のことです。けれども、この梅雨という言葉は、長雨の代用のようなもので、日本には四種類の梅雨があります。
それぞれ季節のかわりめにあるようです。冬から春にかけての「菜種梅雨」、春から夏にかけての「梅雨」、夏から秋にかけての「すすき梅雨」、秋から冬にかけての「山茶花梅雨」と、どれも美しい季節を代表する植物の名前となっています。
秋のすすき梅雨なんて情緒のある言葉ですね。秋の七草であるすすきの季節に降る雨のことです。秋の長雨とよく言いますが、そのことですね。
そして、山茶花梅雨とは、花の少ない冬にかけて降り続く雨のことです。この時期の日本の気候は全般的に安定をしていますが、11月下旬から12月上旬にかけて晴天の日が少なく雨の多くなることがあります。これが山茶花梅雨です。このころの雨は梅雨のなかでも大きな天候の崩れが無く、比較的穏やかなしとしとと降る雨のようで、あまり知られていませんね。どちらかと言う俳句でも時雨の季節です。
こうして見ると、菜種梅雨は、春におこる春嵐も含めて、少し変化にとんだ季節の変わり目の雨だと思います。その期間もながく、桜が咲き始めるまでの花の美しい季節を長くまたがっています。この四季折々の花の名で読んでいる梅雨には、やはり日本人の自然を愛する優しさや自然とともに生きて来た草花に対する想いが込められているのだと思います。農耕との関りもやはり大きいのでしょう。
氷や雪が解けて、田畑に水が潤いだすころに、やはり菜種梅雨で雨が降り、大地の恵みを育んでくれて、稲が植えられ田畑に活気が戻ると梅雨がくるのですね。そして、稲刈りの住んだころにはすすき梅雨で台風が駆け抜けて、やがて紅葉が散り出すと山茶花梅雨がしとしと降り始める。上手くできていますね。
自然のサイクルは人間には到底逆らえません。素晴らしい風土の美しさを、花の名の付いた長雨にもつくづく感じます。
「菜種梅雨」美しい日本語ですね。俳句だけでなく、日常の暮らしのなかで忘れたくない素晴らしい言葉です。

 

 

2017年12月24日 | カテゴリー : 今月の草花 | タグ : | 投稿者 : takako

2017今月の草花

2月  紅梅

つぶらにも綻ぶ梅の紅潤む

 

【白詰草】

白詰草と聞くと解らない方も多いかと思いますが、クローバーといえば、どなたにも解るのではないかと思います。
白詰草は、牧草や芝草に利用され緑化に適しています。ふつう、葉は3枚ですが、時に4~6枚の小葉をつけることもあり「四つ葉のクローバー」は幸せを呼ぶと言われ親しまれています。
では、どうして四つ葉のクローバーは幸せを呼んでくれるのでしょうか?さまざまな説があるらしいのですが、白詰草が白くて丸い花を咲かせるのが春です。暦の上では夏にも見られますが、逆に関東地方では2月の早春になればすぐに見かけるようになります。
そんな、白詰草は日本には江戸時代のころからあるようなのです。以外に古いですよね。割と最近になって西洋から来たかと思いましたが違うのですね。もとから日本にあった在来種ではないのです。
漢字では「白詰草」と書きます。これは、江戸時代にオランダから献上されたガラス製品の包装に、ガラスを守る緩衝材として乾燥させたクローバーの花が詰められていたので、「詰め草」と呼ばれるようになりました。そして、白詰草は、それが発芽して日本に定着した帰化植物といわれています。ドライフラワーに丸い白詰草のような花を良く見かけますよね。あんな感じで硝子の器に詰められていたのでしょう。そう考えると葉っぱが四つ葉だと幸運を呼ぶと言われているのは、キリスト教の十字架からきているのだという説に納得します。他にアメリカでは、四つ葉の花言葉はと言うと「Be mine(わたしのものになって)」。とされていて1枚1枚に意味があり、「名声」「富」「満ち足りた愛」に「素晴らしい健康」が加わり、4枚そろって「真実の愛」を表すとされています。
日本ではというと、三つ葉は「希望」「信仰」「愛情」を示し、四つ葉のクローバーは、もう1枚の葉で「幸福」を示すといわれているようです。
三つ葉のクローバーよりもさらに四つ葉は、もっと幸せになれる強い力があると信じられていたのですね。
四つ葉のクローバーは世界中のどこでも愛されています。どんな草原にもあれた空地でも土手や道端でも確かに早春になると可愛らしい三つ葉のなかに四つ葉が混じり根を這わせどんどんひろがって白い丸い花を咲かせている姿を良く見かけます。日本では草の冠りと言えばこの白詰草ですね。
西洋では月桂樹の葉の付いた枝をリング状に編んだ冠が月桂冠と言われ、ギリシア神話のアポローンの霊木として崇められていました。日本ではお酒の名前ですが、そしてまた、オリンピックの冠は平和のシンボルのオリーブの木の葉で作られています。
こうしてみると白詰草を冠に編んで遊ぶのは日本人特有のことなのかも知れません。力強い幸運を誰もが掴みたい。そんな願いが「白詰草の冠」にはこめられていて、だれでもが親しみ願う四つ葉の幸福伝説となって今に伝わっているに違いありません。

 

2017今月の草花

1月  葉牡丹

葉牡丹の紫雲に朝の町静か

 

【松の内とお飾り】

今日から2017年が始まります。この一月の元旦から松の内が始まりますが、この松の内とは、いったい何時までなのか、今でも紛らわしいものですね。
松の内には、お正月のお飾りを飾り祝います。そして、お正月と殆ど同じ意味に言われています。ですからお正月の三が日と松の内が日本のお正月ですね。
楽しいお正月には、門松や注連縄や鏡餅など、古くからの縁起物が沢山あります。なかでも床の間などに飾る鏡餅は、お正月様の象徴です。
そんな、お正月のお飾り、まずはいつ飾るのでしょうか。勿論、元旦までには飾り付けます。ここで縁起をかつぎたい方は、前日に飾ることは避けた方が良いと言います。そして、29日も縁起が悪いと言います。忙しいと12月の仕事納の後にしようと考えてしまいがちですが、この2つは覚えておいた方が縁起が良いらしいです。
そして、このあとにせっかく飾ったお正月飾り、今度は何時かたづけるのかです。これは良く二種類あると言われますが、まさしく未だに7日か15日か、この二通りあるのですね。
まず、7日にかたづける習慣は関東に多いと言います。良く聞きますね。ここで面白いことに、この7日にかたす関東地方では、松の内というのも7日までとされています。ですから7日にかたづけて松が明けるとお正月気分も終る訳です。
そうしてもう一つの習慣は、関西地方に多いと言われている15日です。15日にかたづけるのですから15日までが松の内なんですね。
ここで、どちらか解りづらいのが、鏡餅です。なぜ鏡餅は解り辛いかと言うと、「鏡開き」という風習がいまでもありそれは11日だからなのです。
面白いですね。鏡開きが11日ですから7日にお正月様を片付けてしまうと4日もあります。このあいだの保管方法はさまざまだと思いますが、この風習は15日までお正月の関西地方の方が松の内のお飾りをかたづけることから考えたら近いのかな?と思いますが。はたしてどうなのでしょうか。
鏡開きが先か、松明けが先か、果たしてどっちということですね。あなたは、関東地方の方ですか、関西地方の方ですか。という事にもつながりますね。
ところがです。もっとややこしいことに職業柄という分け方もあるんです。商売をされている方は、お正月の松の内を15日までとされている方が多いようです。これは、やはり大阪商人の影響が大きいからでしょう。東京などでも商店街には7日をすぎても何かしらお正月飾りが残っていたりします。お正月と言えば1月中はそうではないかとも思います。
この頃では、寒が始まると松ではないような風潮もあります。仕事初めが4日にあるので、だいたい5日ころから寒になり立春まで続くので、本当にお仕事のお休み中だけがお正月のような感覚です。
これは、確かに忙しい毎日には案外マッチするのかもしれませんね。
けれども、このお飾りのかたづけには、神社仏閣が関係してきますね。やはり、できたらお正月のお飾りは買い求めたところで燃やして頂くのが一番安心です。勿論、縁起も良いです。
ですから各地で行われる神社仏閣のどんど焼きの15日にかたづけて焚いてもらいという風習も根強くあります。
このどんど焼きは、やはりそれずれの習慣や風習で今ではかなりさまざまでしょう。それでも、関西地方だけが15日までお飾りを飾ると決めつける訳にはいかない大きな理由なのかと思います。
子供の頃に、お習字の練習をしてどんど焼きで焼いてもらいに行った記憶があります。お正月の行事として、このどんど焼きや鏡開きが、関東と関西の習慣の違いだと簡単に云えない大きな要因なのかも知れませんね。
今年も、お正月には鏡餅を飾り、さまざまなお飾りを飾り付けて縁起の良い新年を迎えたいものです。
私は、長い間15日にしてきました。7日ころからすこしずつ片して、15日にはきちんとのこらずかたづける。今はお参りに交通の便もよくなり観光兼ねて遠くまでゆきますのでなかなか松の内に買ったところにお返しして焚いてもらうことも少ないのですが、近所の神社仏閣でお土産に買ってきた昨年の干支かざりなど、お正月飾りを焚いて頂いても縁起が良いといいます。
自宅で捨てるのに忍びないような素敵なお飾りは近所で焚いて頂くのが良いのかも知れません。地元の神様に見守って頂くのがなにより安心ですね。
お正月には、お飾りだけでなくさまざまな風習があり、各地の御目出度い風物詩として今も生きづいています。新たな年を迎え、これからも日本文化を大切に大きな視野を持って伝え世界中に広めてゆきたいものですね。