奥の細道の見所チェック!

芭蕉の「奥の細道」の見所をご紹介!

芭蕉の代表作「奥の細道」は全7章45編あります。
この紀行文のなかから面白い人気の抄をピックアップしてみました。
おおまかなあらすじをここで紹介します。
細かい内容はHP「俳句の旅」で公開しておりますのでオンライン講座と兼ね合わせてご覧になると更に内容が深くご理解頂けます。

「奥の細道」
第一章
旅立ち 草加

ここでは芭蕉が奥の細道の旅に出て初めて宿に泊まる話が書かれています。
この旅は500年忌に当たる西行の歌枕の地を自分の目で見たいという目的があることが書かれていて、長旅に対する不安などが感じられます。
そして、重い荷物をこの先どうやって背負って行こうかという悩みが旅の始めの楽しさを物語っています。

第二章 白河の関

厳しい関所で有名な白河の関で、芭蕉は門人曾良と卯の花をかざして越えたようです。旅 の途中のいでたちで正装は出来ないがせめてもの気持ちだと書き記しています。風流な一説ですね。

第三章 しのぶの里

この地にまつわる石の話が書かれています。その石は崖の上にあったが、通りかかる人が有名な模様をまねて石でこするので困ってしまい石を崖の下へ突き落してしまったので上と下が逆になっているというのです。この地が昔風雅な模様のしのぶもぢずり絹の産地であったことから芭蕉はこの話に感動しています。

第四章  松島

この旅の大きな目的の地である松島の抄では、絶景の美しさを美人の粧う顔の様だと言っています。
そして、面白いことに感動のあまり俳句が詠めなかったと書かれています。

第五章  立石寺

尾花沢から引き返して、人の勧めで立ち寄ったようです。そして以外にも有名な句を残し、その厳しい修験僧たちの集まる寺の様子が荘厳なまでに清らかだと書かれています。「閑さや岩にしみ入蟬の声」

第六章  一振

金沢への途中に親知らづ子知らずの難所を経て辿り着いた宿で芭蕉は遊女と出くわします。
伊勢参宮の途中らしく、一間隔ててその晩を過ごし朝になるとなにやらついて来たいと遊 女は頼むのですが、芭蕉は行く先の定まらない旅の物だとその場を立ち去るのでした。面白い旅のエピソードですね。

第七章  大垣

とうとう「奥の細道」最後の地である大垣です。この地の門人を訪ねて芭蕉は予定通りにこの長旅を終えるのです。各地から旅の終わりを祝いに門人たちが集まり、芭蕉が長くて 厳しい今度の旅を終えたことを、悦び且つ労わりました。そして、また数日のうちにすぐに芭蕉は伊勢へと旅立ってゆきます。

江戸時代に全国行脚の旅で俳句を広めた芭蕉の情熱から現代にまで通じる人生哲学を学びましょう!

 

こんな講座あったら良かった!

こんな講座あったら良かった!
そんな21世紀の新しい講座の形そのもの!

そんなオンライン講座のご案内で~~~す!

お好きなときにお好きな場所で
いつでもどこでも自由にご覧頂けます!
これはもうTVを越えた
ライブ動画のニューフェイスのラインナップ

ゆったり寛げる自宅の居間や
ネット環境の安心な書斎
そして
旅行先のホテルからでも
彼方が見たい場所で
「奥の細道」を見ることが出来ます。

ここまでくるとまるで宇宙旅行の
旅先から見れる時代が来そう!

月から芭蕉の一句を読んだり出来る時代が
もうすぐやって来るのでしょうか?
そこまでは
ちょっと遠いかな???

あなたも松尾芭蕉の時を越えたベストセラー
「奥の細道」で
過去から未来へ向けての
永遠の人生哲学を学び取りましょう!

紀行文としての「奥の細道」の素晴らしさが
簡単で気軽なライブ感覚で
ワクワクしながら理解できますよ。

奥の細道と言えば
深川の芭蕉庵から白河の関を越え
松島を巡り平泉から山寺へと

日本人なら誰もが
懐かしく思い出す
そんな
癒される行程の紀行文です。

子供の頃は気が付かなかったこと
大人になっても知らずに忘れていたこと

さまざまな物語が
時を越えて
私達に語り掛けてくれます。

オンライン講座「芭蕉の奥の細道を原文で読もう!」
★詳しくはこちら
http://haikubasyou.jimdo.com

それでは今週の金土日の三日間を
お楽しみにお待ち下さ~~~い!

【期間限定特別販売】

日時:11月16日(金)
11月17日(土)
11月18日(日)
3日間のみ限定の特典付きで販売致します。

この機会を、是非、お見逃しなく!!!

★詳しい内容はこちら http://haikubasyou.jimdo.com
★見本動画はこちらから https://youtu.be/63plFZU7m94

オンライン講座ご紹介!

(オンライン講座専用動画の始まり部分の見本)

オンライン講座「芭蕉の奥の細道を原文で読もう!」のご紹介。

この講座は誰でも知っている芭蕉の代表作「奥の細道」の講座です。

知ってるつもりが実は知らなかったり

今更聞けない昔学校で習ったはずの常識だったり

松尾芭蕉と聞けば「奥の細道」と

日本人ならば当たり前のことですが

いざ芭蕉って誰?

奥の細道って何?

と聞かれてたじろぐ方が多いほど忙しい現代社会ですね。

それではなんだったっけ?

というすなおな大人のための

癒される嗜み講座のような感覚の講座です!

勿論、内容は丁寧で充分な古典文学ですが、解りやすい動画でのレッスンですので

とても楽しく聞いているだけで古典の文章が解りやすくなります。

そして

この講座の特徴は原文のあとの「あらすじ」の説明です。

難しい古典の文章を現代語訳で解説した後にその紀行文としての「あらすじ」まで理解するのはなかなか出来ません。

そこで、この講座ではその「あらすじ」を動画で解りやすくお話ししています。

これは他には無い特長です。

ここまで解れば、奥の細道を本当に理解したことになりますね。

大人の嗜み講座とでも言いましょうか。

しかも動画ですから何回も見る事が出来ます。

気に入った章のお話を何回も繰り返し見ることで自然にあらすじが解りますね。

さあ、あなたも芭蕉の奥の細道をあらすじまで理解して人生の教科書にしましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★お申込みはこちらから
http://bit.ly/2pSaq8B
★詳しいご案内はこちらから
haikubasyou.jimdo.com
★NBSアカデミー
nbsacademy.jimdofree.com

俳句TV「奥の細道を読もう!」ライブ配信終了!

2018年2月28日uenotakakoの俳句TV「奥の細道を読もう!」

<黒羽><雲巖寺>を原文でご紹介。

勿論、現代語訳での説明や解説、「今朝の一句」風に俳句の解説もありま~~~す。

今回はFaceBookからのはじめてのライブ配信でした。音声が難しいので聞き取れましたでしょうか?

また、次回をお楽しみに!!!

 

自分TVアワード配信継続賞受賞!

昨年末に初めて行われた「自分TVアワード」で何と!uenotakakoの俳句TVが、一年間のライブ配信回数が最多を記録しました。

この自分TVアワードでその最多記録を敬してトロフィーを頂くことになりました。☆彡

これは嬉しいですね。

この配信をきっかけにこれまで忘れかけていた方々に俳句ファンになって頂けたら嬉しいです。俳句作家上野貴子の俳句TVこれからも宜しくご支援くださ~~~い。

楽しい配信をこれからも続けて参りま~~~す。(*^-^*)☆彡

水越さんありがとうございます。☆彡感謝感謝です。☆彡
https://www.facebook.com/haikutv/posts/2000177990023180
昨年ライブ配信していた今朝の一句

芭蕉が詠んだ「年の暮」

松尾芭蕉の俳句の旅をもとに公開しております俳句の旅ブログでは、

芭蕉の詠んだ年末の句として「年の暮」の句を採り上げております。

芭蕉は約1000句余りの句を生涯に残したと言われていますが、その中から年の暮の句は約13句ほどありました。

多くの句の中から探した「年の暮」を詠んだ句はそう多くはない方で、あまり多い季題ではないようです。

旅に病んで夢は枯野を駆けめぐる・・・芭蕉

この句が年末の差し迫った冬詠んだ句としては一番有名ですが、「枯野」という季題は冬ですが、年末とは限らない季語ですね。そこで、今回は年の瀬にふさわしい季語「年の暮」の句を探してみました。

上野貴子の俳句の旅ブログをご覧ください。

芭蕉の詠んだ年末の句

 

 

芭蕉の七夕の句

芭蕉の七夕の句と言えば、有名な「奥の細道」の句を思い出しますね。

荒海や佐渡によこたふ天河   芭蕉

「天河」が季語ですが、奥の細道の名句で七夕に書かれたとの記録が曽良書留にあることから、七夕の句となりますね。

七夕のあはぬこゝろや雨中天  芭蕉
七夕や秋を定むる夜のはじめ  芭蕉

「七夕」という季語から始まる2句です。最初の句は芭蕉24才の時の句。七夕の伝説になぞらえた句で、雨の七夕の夜をよんでいます。
後の句は芭蕉51才の時の句です。七夕がくると秋がやって来る暦では立秋を迎える思いを詠んでいます。
芭蕉の句から七夕を探してみました。案外少なく3句でした。今日は七夕です。東京は晴れていて月が良く見えています。天の川も見えるでしょうか。窓の外を覗いてみたいと思います。

(2017・7・7)

2017年7月12日 | カテゴリー : 季語, 芭蕉 | タグ : | 投稿者 : takako

驚愕の芭蕉全句解釈完了!

4月17日を持ちまして「今朝の一句」を終了いたしましたこと、ここにご報告致します。

4月15日に松尾芭蕉全句解釈が完了いたしましたことに伴い「今朝の一句」配信が終了いたしました。

これまで、毎朝一句づつ松尾芭蕉の俳句をご紹介することを糧に、書き遺された1000余りの句の全句解釈を進めておりましたが、とうとうその全句解釈が終了いたしました。

これまで応援して下さった多くの方々に心から感謝致します。

また、つたない配信技術のため朝からの配信には手こずることが多く、本当に皆様にはご迷惑をおかけしたかと思います。やっと一年半かかりましたが、松尾芭蕉の全句解釈が終了いたしましたので、ここに「今朝の一句」を目出度く終了することが出来ました。

紅葉の10月から始まりましたこの1000日修行ともいうべき全句解釈の道でしたが、この桜咲く4月をもちまして一年半で約1000句余りの全句解釈をどうにか終了することができました。もしかしたら、これは実現できないかも知れないと挫けそうな事もありましたが、実現出来ましたこと、ここにご報告致します。

これまでの「今朝の一句」配信記録はYoutubeからご覧ください。
長い間有難うございました。
https://www.youtube.com/channel/UCxvCKp1aE7_pAWNsjr_czQQ

また、これから松尾芭蕉に関する俳句の記事はHPの「上野貴子の芭蕉の旅」にて公開記事をご覧ください。

上野貴子の芭蕉の旅