おしゃべりHAIKUメールマガジン【2015/4/1号】

DSCN2263
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
~ おしゃべりHAIKUメールマガジン2015/4/1号http://uenotakako.com ~
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

【花祭】

4月は新しい門出の月です。この頃には関東では桜が満開を迎え、各地でお花見が行われています。

この4月の初頭の頃に花祭があります。この花祭は、案外と知られていないのではないかと思い、今月は「花祭」をご紹介いたします。簡単に解り易く言うと4月8日のお釈迦様の誕生日です。

この花祭は灌仏会(かんぶつえ)の俗称で、まるでキリスト様が生まれたクリスマスのようなものだと考えれば良いと思います。

お釈迦様は仏教の開祖と言われ、花祭は「仏生会(ぶっしょうえ)」とも呼ばれています。このごろでは、あまり馴染みがありませんが、全国各地のさまざまな寺院で行われる仏事のようです。

花祭と称したのは浄土宗からのようで、後に一般化したと言われています。

境内に花御堂と呼ばれる、いろいろな花で飾った小堂をしつらえ、そこへ誕生仏これはお釈迦様のことで、その像を安置し、参拝者が甘茶を像の頭に注ぎ、また、持ち帰り飲んだと言われています。中国から伝わり、606年に元興寺(がんごうじ)で行われたのが最初といいます。

4月8日頃は各地で桜が満開ですから、きっとこの頃の花御堂は昔から美しかったに違いありませんね。日本では、キリスト教のように教えとしてはあまり一般には伝わっていませんが、こうした法会が今でもあることは確かなようです。

ちょうどお花見の頃ですから、お釈迦様もお花見の賑わいをお喜びのことでしょう。

桜の花は平安の頃から日本人にすでに親しまれ、鎌倉の頃には秀吉が持て囃し、江戸時代には武家の文化が花の潔さを伝え、そして、元禄の安泰な時代に商人や町人が優雅で明るい宴や行楽として後の世へと伝えたようです。

現代でも、桜は日本の花の代表で、殊に俳句では「花」と言えば「桜」とされて来ました。今でも花は桜として春の季語となっています。

ここで出て来る「甘茶」とはいったいどんなお茶でしょうか?今はあまり聞きませんね。これは、江戸時代以降に伝えられているようで、元は五香水や五色の水などといわれていて香水ではなかったかと言われているようです。また、「甘茶」というカロリーの低いお茶が今でもあるようです。風流で面白いですね。

※当メルマガは、メールにて配信される以前に先行公開致しました。日ごろホームペー ジをご覧下さいます方々への4月のご挨拶です。

★——————————————————————–
≪uenotakakoの俳句TV ≫こちらから
http://www.ustream.tv/channel/uenotakakonomytv
______________________________________________________________
ネット講座おしゃべりHAIKU講座:講師上野貴子
『おしゃべりHAIKUの会』
http://uenotakako.com
「おしゃべりHAIKUのお店」ネットショップ
http://oshaberi-haiku.shop-pro.jp
______________________________________________________________