ホーム

俳句を作ろう9日間無料メール講座お申込みはこちら

毎日の俳句日記「曇りのち晴れ」

 2019 年 2 月 19 日
~~~~~~~~~~~~~~
曇り

春浅く首をすくめてマスク行く

たべもの歳時記

菜の花の甘酸っぱさも味噌で和え(菜の花)


2014年より8月19日が俳句記念日に制定されました。(日本記念日協会認定)

ショートポエムコレクション

俳句検定 ★詳しくはこちら

【個人テレビ局番組】
uenotakakoの俳句TV:過去番組 :https://www.youtube.com/channel/UCxvCKp1aE7_pAWNsjr_czQQ
           毎月第二水曜日20時ライブ放送:https://www.facebook.com/haikutv/

         
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
俳句会のご紹介

おしゃべりHAIKUの会は、俳句作家上野貴子主宰の俳句の会です。
おしゃべり感覚で楽しく作る俳句を提唱しております。

【俳句活動のコンテンツを項目ごとにご紹介】


●俳句日記「曇りのち晴れ」では、毎日の日記を俳句で綴り毎日トップページ上記にて公開しております。

●俳句講座 オンライン講座を動画で開設「オンライン俳句講座」
                   「芭蕉の奥の細道を原文で読もう!」
      その他、ナレッジサーブにて10日毎にメール配信されるテキストをもとに100日レッスンの      ネット講座を開設。

●俳句TV「uenotakakoの俳句TV」では、FaceBookよりライブ中継を配信。
                
● 毎月第二水曜日夜8時よりの俳句番組を放送。
                ● 「今朝の一句」YouTubeで過去番組の記録を配信致しております。
                https://www.youtube.com/channel/UCxvCKp1aE7_pAWNsjr_czQQ
                
●俳句記念日を提唱。2014年8月19日より日本記念日協会の認定により毎年8月19日が俳句記念日
          と制定されました。これに伴い俳句大会が開催される運びとなりました。

      8月19日は俳句記念日(日本記念日協会認定)
       https://youtu.be/Os6NRfsieRU

●FaceBook俳句大会 2014年9月28日第一回開催。
          2015年より8・19俳句記念日イベントとして8月19日に開催と決定。
                            https://youtu.be/kiRq_Wpd7PI
          2016年8月19日第三回8・19俳句記念日FaceBook俳句大会開催。
                 https://www.facebook.com/events/1051287691621283/ 
          2017年8月19日第四回8・19俳句記念日&和文化祭りとして開催。
                    https://www.facebook.com/events/651926344985746/
 
    2018年度8月19日FaceBook俳句大会発表会イベント開催。
    

●俳句575 第一回「切れ字って何」2015年12月26日からオープン致しましたイベント。
       第二回「切れ字って何」2016年11月26日齋田記館吟行句会として実施。
       第三回「切れ字って何」2017年11月26日「や」についての勉強会。
       第四回「切れ字って何」2018年11月25日「かな」についての勉強会

●俳句検定  俳句の基礎から鑑賞そして応用まで受検しながら学べます!
       

●月末定例句会  毎月一回会員メンバーでの句会。
         兼題があり投句&選句の通常の基本的な少人数での句会形式。



ブログ

スキルアップや実力試しNo 6

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2019/2/19■
 
   ~☆ ネットで自由に受けられる ☆~【俳句検定 】☆~
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  
2月19日が来ました。
俳句を基礎から応用まで
学びながら覚えられる
受検しながら身に付く
そんな俳句検定を推進する日
俳句検定の日です。

 

(さらに…)

2019年春の吟行会決まりました!

2019年・春の吟行会

日程:2019年3月24日第四日曜日
場所:山梨県笛吹市藤垈の滝周辺・昼食はぶどうの丘

今年は、日本一早く咲くと言われる水芭蕉の里を訪ねることになりました。

山梨県の藤垈の滝という森の公園に、水芭蕉が3月の内に咲くことで有名なお滝があります。

鬱蒼とした森の中にある滝の周りを、春の目覚めと共に、水芭蕉が咲き始めるというのです。

桜や桃も同じ頃に咲き始め、美しい山間の花の杜となります。

予定の3月の第四日曜日は、ちょうど水芭蕉が満開で桜が咲き始め、桃の花も蕾を膨らませる頃だと聞きます。

桃の花で有名な一之宮の桃源郷もすぐそばにあり、4月になると一面が美しい桃畑のようです。

そんな、藤垈の滝の森へ、一足早い避暑気分を味わいに水芭蕉を見に行きましょう。

2月現在予定の行程表
<行程表>
渋谷駅西口 セルリアンタワー前 集合
8:15出発 国道246号沿い~首都高・中央高速

談合坂SA 中央道休憩中央道観光9:35~9:50

藤垈の滝大窪いやしの杜公園笛吹市境川町大窪597-1 10:40~11:25

勝沼ぶどうの丘(天空の湯) 12:00 ~ 13:25

山廬文化振興会(飯田蛇笏記念館) 笛吹市境川町小黒坂270 14:15 ~ 14:55

みさか桃源郷公園  15:20~一般道車窓見学(見ごろには早いため)

談合坂SA16:05 16:20

渋谷駅西口 セルリアンタワー前 到着17:35

皆様のご参加をお待ちしていま~~~す。

 

 

★お申込みはこちらから
https://ae-ne.com/c/haiku/entry/e/HmX7L5SbYHEmawHw/

 

2019年2月9日 | カテゴリー : 俳句 | 投稿者 : takako
› 続きを読む

ネットTV過去番組

2019年1月9日「ネット句会の予習復習」&添削あり

2019年初めてのライブ放送「俳句TV」今年も宜しくお願いしま~~~す。

2019年1月9日番組は「ネット句会の予習復習」&添削あり

いつもの先月締めのネット句会に入選された句を発表。

そして内の何句かの添削ありです。

ライブ感覚で肩の凝らない楽しい俳句をご覧くださ~~~い。

 

2019年2月9日 | カテゴリー :
› 続きを読む

活動

【2019年の抱負】

【2019年の抱負】

2019年は新たな時代の始まる年です。
これまでは自分たちとは違う世代が今の時代を背負い進んでいると考えていましたが
これからは、我ら昭和30年代の天皇の時代がきます。
まさに戦争を知らない初めての世代です。
いつまでも子供のように甘えていてはいけないですね。

私は両親が健在なので、夫や両親と家族を大切にして、自分の夢を実現出来るよう努力する年にしたいです。

これからも高齢者時代がつづき、人生100年時代と言われています。
そんな時代に、俳句の良さを広めて行くためには、これまで以上に、心の健康は脳の健康でもあり、俳句で脳を刺激することでアンチエイジング効果をもたらすのではないかと言われ始めていることを受け止めて、若々しく楽しい俳句作りを続けて行けたら幸いです。

 

 

2018年8・19俳句記念日大会&デザートパーティー

2018年度8月19日俳句記念日イベント無事終了致しました。

今回は「8・19俳句記念日大会&デザートパーティー」

俳句記念日大会とデザートパーティー交流会とのコラボでした。

審査員の先生方をお招きしての受賞式と会場の乃木會館の一室でのプチフールの貸切りパーティーで

とても和やかな雰囲気のなか終了することが出来ました。

皆様本当に有難う御座いました。

 

2018年度各賞のご紹介

8・19俳句記念日大賞
エントリーNo108   「おでかけの心弾むや春コート」  辻 雅宏

俳句大会大賞
エントリーNo 93  「福寿草追いかけ追いかけここはどこ」 小南彩乃

特別審査員大賞水越浩幸賞
エントリーNo599 「空は青紅葉は緑深大寺」    土橋みゆき

特別審査員賞佐々木明美賞
エントリーNo192 「梅雨晴れの喜寿の祝いにスマホデビュー」 小坂恭子

特別審査員賞平原由美賞
エントリーNo554   「待ち遠しい孫に会える夏休み」  松浦恵美子

特別審査員賞輝路賞
エントリーNo240  「インバウンド浴衣だけでスター気分」  とみ岡真奈

 

 

新しく出来た漱石山房記念館

夏目漱石ゆかりの地新宿区に新しく出来た「漱石山房記念館」へ行って来ました。

真新しい木の香りがするモダンな建築のおしゃれな建物で中では美味しいコーヒーが飲めるコーナーもあります。

常設されている漱石の書斎の再現にはぎっしりと書籍が積まれていました。

ここで漱石は猫を可愛がりながら多くの名作を生んだのかと思うと不思議な気がします。

古風な硯や机がとても印象的です。

さすがに日本の誇る文豪の書斎だなァ~と感心しました。

館内には日の当たる白いカフェスペースがあって美味しい引き立てのコーヒーがいただけます。

折角なので頼んでみると黒猫の紙カップにオリジナル豆の挽きたてコーヒーが良い香りを漂わせながら出て来ました。

ほっとする落ち着いたモダンな空間です。

 

漱石の俳句

月に行く漱石妻を忘れたり

人に死し鶴に生れて冴え返る

菫(すみれ)ほどな小さき人に生れたし

帰ろふと泣かずに笑へ時鳥(ほととぎす)

安々と海鼠(なまこ)の如き子を生めり

若葉して手のひらほどの山の寺

腸(はらわた)に春滴るや粥の味

若草や水の滴る蜆籠

肩に来て人懐かしや赤蜻蛉

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
夏目漱石(1867年~1916年)

国民的文豪・夏目漱石は新宿区で生まれ育ちました。
誕生の地は牛込馬場下横町(現在の喜久井町1番地)
漱石が晩年の9年間を過ごした早稲田南町の旧居は「漱石山房」と呼ばれていました。
その跡地に「漱石山房記念館」があります。
代表作「三四郎」「それから」「門」「彼岸過迄」「こころ」「道草」「明暗」など多数
明暗を連載中に未完のまま大正五年1916年に49歳で死去。

 

(2018・6・16)

 

› 続きを読む